トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > あらかると > 記事

ここから本文

あらかると

【新聞わーくシート】 ロヒンギャ難民 ほうっておけない

「折(お)り鶴(づる)プロジェクト」を始(はじ)めた堀江節子(ほりえせつこ)さん

写真

 東南(とうなん)アジアのミャンマーで迫害(はくがい)されているロヒンギャ難民(なんみん)を支援(しえん)しようと、富山県(とやまけん)富山市の女性(じょせい)がプロジェクトに取(と)り組(く)んでいます。いま、世界(せかい)から注目(ちゅうもく)されているロヒンギャ難民問題(もんだい)とは、いったいどんな問題なのか、記事(きじ)を読んでみましょう。

 ■掲載(けいさい) 12月2日第(だい)二社会面(しゃかいめん)(富山(とやま))、5日夕刊(ゆうかん)社会面(石川)

参考(さんこう)の記事(きじ)

 本紙読者(ほんしどくしゃ)の堀江節子(ほりえせつこ)さん(69)=富山(とやま)市大泉東(おおいずみひがし)町=が、ミャンマーのロヒンギャ難民(なんみん)を支援(しえん)する「折(お)り鶴(づる)プロジェクト」を進(すす)めている。集(あつ)めた募金(ぼきん)を現地(げんち)に送(おく)る計画で、平和(へいわ)の象徴(しょうちょう)「折り鶴」を冠(かん)した名前には現地の人々(ひとびと)が平穏(へいおん)に過(す)ごせるよう願(ねが)いを込(こ)めた。堀江さんは「お互(たが)いが理解(りかい)し合える世界(せかい)になれますよう」と祈(いの)る。

ロヒンギャ難民(なんみん)のため、市民(しみん)に募金(ぼきん)を呼(よ)び掛(か)けている「折(お)り鶴(づる)プロジェクト」=いずれも富山県(とやまけん)富山市総曲輪(そうがわ)で

写真

 堀江さんは自身(じしん)が事務局長(じむきょくちょう)を務(つと)める「アジアの仲間(なかま)たちの会」で約(やく)三十年間、現地に出向(でむ)いたり資金(しきん)を提供(ていきょう)したりして、ミャンマーの子どもたちの就学(しゅうがく)を支援している。最近(さいきん)、ロヒンギャ難民を取(と)り巻(ま)く厳(きび)しい状況(じょうきょう)が報道(ほうどう)され、「いてもたってもいられなかった」と計画を開始(かいし)。十一月には会員(かいいん)らと一緒(いっしょ)に、市内(しない)の商店街(しょうてんがい)で募金活動(かつどう)をした。

 「自分たちにできることは小さいかもしれない。けれど声を出して広げていくことが大切」と堀江さん。「犠牲(ぎせい)になるのはいつでも社会的弱者(てきじゃくしゃ)」と嘆(なげ)く。「遠い国の話でも、問題(もんだい)を知ることで何か協力(きょうりょく)できることが増(ふ)えると思う。命(いのち)が危険(きけん)になっている状態(じょうたい)では宗教(しゅうきょう)も何も関係(かんけい)なく、人として助(たす)けたい」と訴(うった)えている。

 ■監修(かんしゅう) 砂上昌一(すながみしょういち) (NIE(エヌアイイー)コーディネーター)

  ロヒンギャ難民問題  ロヒンギャの人々はイスラム教を信仰(しんこう)し、国民(こくみん)のおよそ9割(わり)が仏教徒(ぶっきょうと)のミャンマーで暮(く)らす。主(おも)に西部(せいぶ)ラカイン州(しゅう)で約100万人が生活していたが、隣国(りんごく)バングラデシュ南東部(なんとうぶ)の方言に似(に)た言語や宗教などにより、ミャンマー政府(せいふ)から国籍(こくせき)を与(あた)えられていない。そのため摩擦(まさつ)が生まれ、当局(とうきょく)からはたびたび迫害(はくがい)を受(う)けてきた。今年(ことし)8月には治安部隊(ちあんぶたい)とロヒンギャの武装勢力(ぶそうせいりょく)が衝突(しょうとつ)したことをきっかけに軍(ぐん)の掃討(そうとう)が始(はじ)まり、これまでに約60万人が難民となっている。

記事を読んで考えよう(基本問題)

(1)ロヒンギャは主(おも)にどの国に住(す)んでいる人々(ひとびと)ですか。

 a タイ

 b バングラデシュ

 c ミャンマー

(2)ロヒンギャが信仰(しんこう)する宗教(しゅうきょう)は何ですか。

 a 仏教(ぶっきょう)  b イスラム教

 c キリスト教

(3)ロヒンギャが政府(せいふ)から与(あた)えられていないものは何ですか。

 a 移動(いどう)の自由(じゆう)

 b 国籍(こくせき)

 c 生活する権利(けんり)

発展問題にチャレンジ

(1)堀江節子(ほりえせつこ)さんが30年前からミャンマーの子どもたちにしている支援(しえん)は何ですか。

 a 就学(しゅうがく)支援

 b 食料(しょくりょう)支援

 c スポーツ指導(しどう)

(2)ロヒンギャが政府(せいふ)から差別(さべつ)を受(う)けている主(おも)な理由(りゆう)は何ですか。

 a ロヒンギャが信仰(しんこう)する宗教(しゅうきょう)が、大半の国民(こくみん)が信仰する宗教と違(ちが)うから

 b 大半のロヒンギャが今から30年ほど前に移住(いじゅう)してきたから

 c ロヒンギャがテロリストだから

(3)この問題解決(もんだいかいけつ)に大きな役割(やくわり)を果(は)たす人として世界(せかい)から期待(きたい)されているノーベル平和賞受賞者(へいわしょうじゅしょうしゃ)は誰(だれ)ですか。

 a アウン・サン・スー・チー

 b マララ・ユスフザイ

 c マザー・テレサ

小学校中学年以上(いじょう)

 世界(せかい)から注目(ちゅうもく)が集(あつ)まるロヒンギャ難民問題(なんみんもんだい)について考えてみよう。

 発展問題(はってんもんだい)(3)は答えを募集(ぼしゅう)します。はがきに住所(じゅうしょ)、氏名(しめい)、学校、学年、電話番号(でんわばんごう)、掲載(けいさい)日を書き、〒920 8573(住所不要(ふよう)) 北陸(ほくりく)中日新聞報道部NIE係(ほうどうぶエヌアイイーがかり)に送(おく)ってください。締(し)め切りは12月30日必着(ひっちゃく)。正解者(せいかいしゃ)の中から2人に図書(としょ)カードを差(さ)し上げます。

 ■解答(かいとう) 基本問題(きほんもんだい)(1)c (2)b (3)b ▽発展(はってん)問題(1)a (2)a ▽12月17日付発展問題の答(こた)えはbです。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索