トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > あらかると > 記事

ここから本文

あらかると

【新聞わーくシート】海の名人 川の名人 町の誇り 認定証届く

「海の名人(めいじん)」と認定(にんてい)された干場勝治(ほしばかつじ)さん(中)と「川の名人」の道重重一(みちしげしげかず)さん(左)=石川県能登(けんのと)町役場(やくば)で

写真

 石川県能登(けんのと)町の二人が「海の名人(めいじん)」と「川の名人」に認定(にんてい)されました。二人の名人はいったい、どんな仕事(しごと)や活動(かつどう)に取(と)り組(く)んでいたのでしょうか。記事(きじ)を読(よ)んでみましょう。

 ■掲載(けいさい) 10月24日能登面(のとめん)

参考(さんこう)の記事(きじ)

 高校生たちがその道の「名人(めいじん)」から取材(しゅざい)する「聞(き)き書(が)き甲子園(こうしえん)」で、実行委員会(じっこういいんかい)が「海・川の名人」に選(えら)んだ能登(のと)町の二人の元に認定証(にんていしょう)が届(とど)き、(十月)二十三日に町役場(まちやくば)で報告(ほうこく)会があった。

 漁具鍛冶(ぎょぐかじ)の干場勝治(ほしばかつじ)さん(71)=宇出津新(うしつしん)=は、全国漁港漁場協会(ぜんこくぎょこうぎょじょうきょうかい)が「海の名人」に認定。川漁師(りょうし)の道重重一(みちしげしげかず)さん(69)=小間生(おもう)=は全国内水面漁業協同組合連合会(ないすいめんぎょぎょうきょうどうくみあいれんごうかい)が「川の名人」に認定した。

 「ふくべ鍛冶」を経営(けいえい)する干場さんは、能登町でただ一人の鍛冶職人(しょくにん)。漁師の意見(いけん)を聞いて新しい器具(きぐ)を開発(かいはつ)したり、車での移動販売(いどうはんばい)・修理(しゅうり)を展開(てんかい)したりし、販路(はんろ)を拡大(かくだい)している。

 道重(みちしげ)さんは、柳田地区独自(やなぎだちくどくじ)の漁法(ぎょほう)の「ヤツメウナギのカンコ漁(りょう)」を受(う)け継(つ)ぎ、守(まも)り続(つづ)けている。カンコと呼(よ)ばれ、さおにカギ状(じょう)の針(はり)を付(つ)けた漁具を使(つか)い、産卵(さんらん)のために川をさかのぼってきたヤツメウナギを引っ掛(か)けて捕(つか)まえる。激減(げきげん)するヤツメウナギを増(ふ)やす取(と)り組(く)みもしている。

 あいさつで、干場さんは「地域(ちいき)の人たちの道具(どうぐ)の“便利屋(べんりや)”として、少量多品種(しょうりょうたひんしゅ)の製造(せいぞう)で頑張(がんば)りたい」と抱負(ほうふ)を述(の)べた。道重さんは「人工繁殖(じんこうはんしょく)させた稚魚(ちぎょ)を地元の小学生が放流(ほうりゅう)する会を企画(きかく)した。大きくなって戻(もど)ってくるはず」と語った。

 持木一茂町長(もちきかずしげちょうちょう)は「県内(けんない)で名人に認定されたのは、この二人だけで、誇(ほこ)りに思う」とたたえた。

 ■監修(かんしゅう) 砂上昌一(すながみしょういち)(NIE(エヌアイイー)コーディネーター)

記事を読んで考えよう(基本問題)

(1)「聞(き)き書(が)き甲子園(こうしえん)」とは何ですか。

 a 高校野球全国(やきゅうぜんこく)大会を取材(しゅざい)すること

 b 高校生たちが英語(えいご)を聞いてすぐに翻訳(ほんやく)すること

 c 高校生たちが海や川に関係(かんけい)した分野(ぶんや)でトップレベルの技術(ぎじゅつ)を持(も)つ人から取材すること

(2)「海・川の名人(めいじん)」を認定(にんてい)する団体(だんたい)はどこですか。

 a 「海の名人」は全国漁業協同組合(ぎょぎょうきょうどうくみあい)、「川の名人」は全国河川(かせん)漁業協同組合

 b 「海の名人」は全国漁港漁場協会(ぎょこうぎょじょうきょうかい)、「川の名人」は全国内水面(ないすいめん)漁業協同組合連合(れんごう)会

 c いずれも水産庁(すいさんちょう)

(3)「海・川の名人」とはどんな人たちのことですか。

 a 地域(ちいき)の海や川で釣(つ)った魚の数がその年、一番だった人

 b 海や川で古くから伝統(でんとう)の漁法(ぎょほう)を守(まも)り続(つづ)ける人

 c 海や川に関(かか)わる仕事(しごと)に携(たずさ)わり、地域や人々(ひとびと)の模範(もはん)となっている人

発展問題にチャレンジ

(1)鍛冶職人(かじしょくにん)とは何ですか。

 a お菓子(かし)を作る職人

 b 木造建物(もくぞうたてもの)を建築(けんちく)、修理(しゅうり)をする専門(せんもん)の人

 c 鉄(てつ)などの金属(きんぞく)を熱(ねっ)し、たたくなどして器物(きぶつ)を製造(せいぞう)、修理する専門の人

(2)ヤツメウナギが激減(げきげん)しているのは主(おも)にどんな理由(りゆう)が考えられますか。

 a 河川(かせん)や水路(すいろ)が整備(せいび)され、産卵(さんらん)や生息場所(せいそくばしょ)がなくなった

 b カンコ漁(りょう)でとりすぎた

 c ザリガニが増(ふ)えてヤツメウナギを食べてしまった

(3)能登(のと)町柳田地区(やなぎだちく)に生息するヤツメウナギの一種(いっしゅ)はどれでしょうか。

 a カワヤツメ

 b ウミヤツメ

 c ノトヤツメ

小学校中学年以上(いじょう)

 石川県能登(けんのと)町から選(えら)ばれた「海・川の名人(めいじん)」について知ろう。

 発展問題(はってんもんだい)(3)は答えを募集(ぼしゅう)します。はがきに住所(じゅうしょ)、郵便番号(ゆうびんばんごう)、氏名(しめい)、学校、学年、電話(でんわ)番号、掲載日(けいさいび)を書(か)き、〒920 8573(住所不要(ふよう))北陸(ほくりく)中日新聞報道部NIE係(ほうどうぶエヌアイイーがかり)に送(おく)ってください。締(し)め切りは12月2日必着(ひっちゃく)。正解者(せいかいしゃ)の中から2人に図書(としょ)カードを差(さ)し上げます。

 ■解答(かいとう) 基本問題(きほんもんだい)(1)c (2)b (3)c ▽発展(はってん)問題(1)c (2)a ▽11月12日付(づけ)発展問題(3)の答えはbです。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索