トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > あらかると > 記事

ここから本文

あらかると

【新聞わーくシート】 若者よ投票に行こう

投票箱(とうひょうばこ)に投票用紙(とうひょうようし)を入れる学生(がくせい)=富山県高岡(とやまけんたかおか)市下関(しもぜき)町で

写真

 富山県高岡(とやまけんたかおか)市の専門(せんもん)学校で架空都市(かくうとし)の市長選(せん)を想定(そうてい)した模擬投票(もぎとうひょう)がありました。若者(わかもの)の政治参画(せいじさんかく)や選挙(せんきょ)に対(たい)する意識(いしき)を高めるのが狙(ねら)いのようです。どんな投票だったのでしょうか。

 ■掲載(けいさい) 9月16日富山面(とやまめん)

参考(さんこう)の記事(きじ)

 若者(わかもの)の政治参画(せいじさんかく)や投票行動(とうひょうこうどう)への意識(いしき)を高めようと、高岡青年会議所(たかおかせいねんかいぎしょ)(JC(ジェーシー))は(九月)十五日、高岡市下関(しもぜき)町の県(けん)高岡看護専門(かんごせんもん)学校で有権者教育事業(ゆうけんしゃきょういくじぎょう)をした。同(どう)JCが今春開校(こんしゅんかいこう)した同校(どうこう)で企画(きかく)。一年生約(やく)百二十人が、架空都市(かくうとし)「みらい高岡市」の市長選(せん)を想定(そうてい)した模擬(もぎ)投票を体験(たいけん)した。

 同JCの次世代育成委員(じせだいいくせいいいん)会委員が選挙(せんきょ)や投票について説明(せつめい)。模擬投票は、市長選候補者(こうほしゃ)による公開討論(こうかいとうろん)会を聞くことから始(はじ)め、同JC会員(かいいん)ふんする三候補が公共(こうきょう)交通、市民会館(しみんかいかん)、駅前再開発(えきまえさいかいはつ)の三テーマで公約(こうやく)や政策(せいさく)を披露(ひろう)。市選管(せんかん)の協力(きょうりょく)で実際(じっさい)の記載(きさい)台や投票箱(ばこ)などを使(つか)い、学生が一票(ぴょう)を投(とう)じた。

 最後(さいご)に会員が「自分の未来(みらい)を選ぶ人になりますか、選んでもらう人になりますか」と学生に問(と)い掛(か)けた。

 ともに選挙で投票したことがある吉崎渚左(よしざきなぎさ)さん(18)は「少子化(しょうしか)で、これからは若者の意見(いけん)が大事(だいじ)になってくる」、矢部七愛(やべななえ)さん(19)は「候補者の政策を見て、自分の考えに近い人に投票したいと思う」と一票の大切さを感(かん)じていた。

 高岡JCは有権者教育事業を昨年(さくねん)から始めた。次世代育成委の山本玲緒奈(やまもとれおな)委員長は「若者に政治参画してほしい。自分の意見が実際に投票でどう反映(はんえい)されていくのかを体験してもらうことで、投票に足を運(はこ)んでもらえたら」と話(はな)していた。

 ■監修(かんしゅう) 砂上昌一(すながみしょういち)(NIE(エヌアイイー)コーディネーター) 

記事を読んで考えよう(基本問題)

(1)模擬投票(もぎとうひょう)に何人参加(さんか)しましたか。

 a 100人

 b 120人

 c 150人

(2)「市長選候補者(せんこうほしゃ)」は何人ですか。

 a 1人   b 2人

 c 3人

(3)公開討論(こうかいとうろん)会のテーマでないものはどれですか。

 a 公共(こうきょう)交通

 b 若者(わかもの)の政治参画(せいじさんかく)

 c 駅前再開発(えきまえさいかいはつ)

発展問題にチャレンジ

(1)JC会員(ジェーシーかいいん)が「自分の未来(みらい)を選(えら)ぶ人になりますか、選んでもらう人になりますか」と話(はな)しましたが、その会員はどちらに期待(きたい)していますか。

 a 自分の未来を選ぶ人

 b 選んでもらう人

 c どちらでもいい

(2)二年前に選挙権年齢(せんきょけんねんれい)が満(まん)18歳(さい)に引き下(さ)げられました。何歳から18歳に引き下げられましたか。

 a 20歳   b 22歳

 c 25歳

(3)有権者教育(ゆうけんしゃきょういく)とは何ですか。

 a 父母や周(まわ)りの人の意見(いけん)だけで判断する大人(おとな)になるための教育

 b 仲(なか)のいい友人(ゆうじん)や先生の考えに従(したが)う大人になるための教育

 c 自(みずか)ら考え、自ら判断し、自立(じりつ)した大人になるための教育

小学校高学年以上(いじょう)

 有権者教育(ゆうけんしゃきょういく)について知(し)ろう。

 発展問題(はってんもんだい)(3)は答えを募集(ぼしゅう)します。はがきに住所(じゅうしょ)、郵便番号(ゆうびんばんごう)、氏名(しめい)、学校、学年、電話(でんわ)番号、掲載(けいさい)日を書き、〒920 8573(住所不要(ふよう))北陸(ほくりく)中日新聞報道部NIE係(ほうどうぶエヌアイイーがかり)に送(おく)ってください。締(し)め切りは10月7日必着(ひっちゃく)。正解者(せいかいしゃ)の中から2人に図書(としょ)カードを差(さ)し上げます。

 ■解答(かいとう) 基本問題(きほんもんだい)(1)b (2)c (3)b ▽発展(はってん)問題(1)a (2)a ▽9月17日付(づけ)発展問題(3)の答(こた)えはcです。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索