トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > あらかると > 記事

ここから本文

あらかると

【新聞わーくシート】「溶けないアイス」なぜ?

前田家家紋(まえだけかもん)と梅(うめ)の形(かたち)の「溶(と)けないアイス」

写真

 石川県金沢(けんかなざわ)市で生まれた「溶(と)けないアイス」がちょっとした人気です。どんなアイスなのでしょうか。記事(きじ)を読(よ)んでみましょう。

 ■掲載(けいさい) 8月20日朝刊社会面(ちょうかんしゃかいめん)

参考(さんこう)の記事(きじ)

 金沢(かなざわ)で生まれた常識(じょうしき)を覆(くつがえ)す「溶(と)けないアイスクリーム」が注目(ちゅうもく)を集(あつ)めている。三時間、気温(きおん)四〇度(ど)の状態(じょうたい)で置(お)いても、形は崩(くず)れないという。「でも、食感(しょっかん)や味(あじ)は」と思って食べたら、おいしいアイスだった。どんなからくりなのか−。

 販売(はんばい)しているのは、金沢市のひがし茶屋街(ちゃやがい)にある「金座和(かなざわ)アイス金沢東山店(ひがしやまてん)」。富山(とやま)市の会社員浅野(かいしゃいんあさの)桃子(ももこ)さん(29)は前田家(け)の家紋形(かもんがた)のバニラアイスを注文(ちゅうもん)し、「すごく硬(かた)いのかと思ったら、意外(いがい)と軟(やわ)らかい。おいしい」とほほ笑(え)んだ。ただし、溶けなくても時間がたつと冷(つめ)たくはなくなる。食感もババロアのようになるという。

 しかし、なぜ溶けないのか。秘密(ひみつ)はイチゴにある。クリームの水と油分(ゆぶん)の分離(ぶんり)を防(ふせ)ぐイチゴに含(ふく)まれているポリフェノールを混(ま)ぜている。この性質(せいしつ)を突(つ)き止(と)めたのが金沢大(かなざわだい)の太田富久(おおたとみひさ)・名誉教授(めいよきょうじゅ)だ。イチゴポリフェノールを提供(ていきょう)したパティシエから、「クリームに混ぜたらすぐに固(かた)まったが、何か添加物(てんかぶつ)が含まれているのでは」と問(と)い合わせがあったことが、研究(けんきゅう)のきっかけになったという。

 二〇一四年、製法(せいほう)の特許(とっきょ)を取得(しゅとく)した。金沢大発(はつ)のベンチャー企業(きぎょう)「バイオセラピー開発(かいはつ)研究センター」が製品化(せいひんか)に取(と)り組(く)み、今年(ことし)四月、同店(どうてん)をオープン。七月、東京・原宿(はらじゅく)と大阪(おおさか)・心斎橋(しんさいばし)に支店(してん)を出し、一カ月間で計一万食売り上げた。豊田剛史(とよだたけし)社長は「近くキャラクターとコラボした商品(しょうひん)開発も進(すす)める」と語る。

 ■監修(かんしゅう) 砂上昌一(すながみしょういち)(NIE(エヌアイイー)コーディネーター) 

記事を読んで考えよう(基本問題)

(1)「溶(と)けないアイス」はどれくらい溶けないのでしょうか。

 a 3時間、気温(きおん)40度(ど)でも大丈夫(だいじょうぶ)

 b 3時間、気温50度でも大丈夫

 c 6時間、気温40度でも大丈夫

(2)前田家(まえだけ)の家紋(かもん)は何ですか。

 a 葵(あおい)  b 桐(きり)  c 梅鉢(うめばち)

(3)「溶けないアイス」はなぜ溶けないのでしょうか。

 a ブドウポリフェノールが含(ふく)まれているから

 b イチゴポリフェノールが含まれているから

 c リンゴポリフェノールが含まれているから

発展問題にチャレンジ

(1)パティシエとは何ですか。

 a 料理人(りょうりにん)  b 栄養士(えいようし)

 c 菓子職人(かししょくにん)

(2)ベンチャー企業(きぎょう)とは何ですか。

 a 新しい技術(ぎじゅつ)などを開発(かいはつ)、事業(じぎょう)として取(と)り組(く)む大企業

 b 新しい技術などを開発、事業として取り組む中小企業

 c 伝統(でんとう)的な手法や技術を継承(けいしょう)し、事業として取り組む中小企業

(3)昨年(さくねん)の総務省調査(そうむしょうちょうさ)で、アイス・シャーベットの三年間支出平均額(ししゅつへいきんがく)が一世帯当(せたいあ)たりトップの都道府県庁所在地(とどうふけんちょうしょざいち)はどこですか。

 a 東京(とうきょう) b 那覇(なは) c 金沢(かなざわ)

小学校中学年以上(いじょう)

 金沢発祥(かなざわはっしょう)と言われる「溶(と)けないアイス」がどうして溶けないのか知ろう。

 発展問題(はってんもんだい)(3)は答えを募集(ぼしゅう)します。はがきに住所(じゅうしょ)、郵便番号(ゆうびんばんごう)、氏名(しめい)、学校(がっこう)、学年、電話番号(でんわばんごう)、掲載(けいさい)日を書き、〒920 8573(住所不要(ふよう))北陸(ほくりく)中日新聞報道部NIE係(ほうどうぶエヌアイイーがかり)に送(おく)ってください。締(し)め切(き)りは9月16日必着(ひっちゃく)。正解者(せいかいしゃ)の中から2人に図書(としょ)カードを差(さ)し上げます。

 ■解答(かいとう) 基本問題(きほんもんだい)(1)a (2)c (3)b ▽発展(はってん)問題(1)c (2)b ▽9月3日付(づけ)発展問題(3)の答えはcです。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索