トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > あらかると > 記事

ここから本文

あらかると

【新聞わーくシート】 マララさんにささげる歌

山下利雄(やましたとしお)さん(右)が書(か)いた詩「ああマララさん」の歌(うた)を歌(うた)う表広美(おもてひろみ)さん((左)から2人目)=石川県小松(けんこまつ)市の第(だい)一地区(ちく)コミュニティセンターで

写真

 石川県小松市内(けんこまつしない)の九十代(だい)の男性(だんせい)が、パキスタンの女性人権活動家(じょせいじんけんかつどうか)マララ・ユスフザイさんをたたえた詩(し)をつくりました。詩の名は「ああマララさん」。この男性が詩に託(たく)した思いは何でしょうか。

 ■掲載(けいさい) 5月2日かが白山面(はくさんめん)

参考(さんこう)の記事(きじ)

 小松(こまつ)市日(ひ)の出(で)町の山下利雄(やましたとしお)さん(91)は、自(みずか)らの人生(じんせい)や恋愛経験(れんあいけいけん)をつづった詩(し)を作っている。二年前から独学(どくがく)で作詞(さくし)を始(はじ)め、これまで作ったのは二百編(ぺん)近い。山下さんは「詩は自分の遺書(いしょ)のようなものです」と笑顔(えがお)で話(はな)す。

 山下さんは、半世紀以上(せいきいじょう)前から市内(しない)でクリーニング店(てん)を経営(けいえい)していた。店(みせ)を引き継(つ)いだ婿(むこ)が病気(びょうき)になったため三年前に廃業(はいぎょう)。妻(つま)に先立(さきだ)たれていたため「やる気もなく気晴らしに」と、悲(かな)しい気持(きも)ちや孤独(こどく)を詩として書き留(と)め始めた。

 好(す)きな歌謡曲(かようきょく)を写(うつ)し、日々(ひび)の生活や眠(ねむ)れない夜に思い浮(う)かんだフレーズをメモに控(ひか)えた。作詞の経験は全(まった)くなく、文学が好きなわけでもなかったが「思いをつづっていたら自然(しぜん)と詩になった」と山下さん。大阪(おおさか)に引っ越(こ)した女性(じょせい)との実際(じっさい)の恋愛経験を基(もと)にした「オミッチャンシリーズ」や、自身(じしん)の出身(しゅっしん)地を題材(だいざい)にした「山代温泉(やましろおんせん)」などこれまで百九十六編を作詞した。

 昨年(さくねん)十月には、銃撃(じゅうげき)を受(う)けても男女同権(だんじょどうけん)を叫(さけ)び続(つづ)けるマララ・ユスフザイさんをたたえた詩「ああマララさん」を制作(せいさく)。その詩に感銘(かんめい)した福祉(ふくし)の店「夢(ゆめ)や」(同市本折(どうしもとおり)町)の相談員表広美(そうだんいんおもてひろみ)さん(53)が曲(きょく)をつけ、表さんの長男尚平(ちょうなんしょうへい)さん(27)が編曲(へんきょく)した。

 四月二十九日には、市第(だい)一地区(ちく)コミュニティセンターで曲の完成披露(かんせいひろう)会があり、山下さんを前に表さんが出来上がった歌を披露した。山下さんは「いい曲をつけてもらったと思っています」と感想(かんそう)を話す。「ああマララさん」の英語版(えいごばん)も用意(ようい)し、「ぜひマララさんにも聞いてもらいたい」と夢を語る。

 ■監修(かんしゅう) 砂上昌一(すながみしょういち) (NIE(エヌアイイー)コーディネーター)

記事を読んで考えよう(基本問題)

(1)山下(やました)さんが詩(し)を作り始(はじ)めたきっかけは何ですか。

 a 詩や文学が好(す)きだったから

 b 歌謡曲(かようきょく)が好きだったから

 c やる気がなくて気晴らししたかったから

(2)山下さんは、3年前まで何をしていましたか。

 a クリーニング店(てん)

 b 酒屋(さかや)

 c カラオケ店

(3)山下さんがこれまでに作詞(さくし)したのは、何編(ぺん)ですか。

 a 100編  b 196編  c 200編

発展問題にチャレンジ

(1)「ああマララさん」の英語版(えいごばん)を用意(ようい)したのは、なぜですか。

 a アメリカ人(じん)に聞いてもらいたいから

 b 全世界(ぜんせかい)の女性(じょせい)に聞いてもらいたいから

 c マララさんにも聞いてもらいたいから

(2)マララさんが受(う)けた賞(しょう)は何ですか。

 a ノーベル文学(ぶんがく)賞

 b ノーベル平和(へいわ)賞

 c ノーベル経済学(けいざいがく)賞

(3)マララさんは主(おも)に何を訴(うった)えていますか。

 a 子どもや女性が平和に生活する権利(けんり)

 b 子どもや女性が教育(きょういく)を受ける権利

 c 子どもや女性が貧困(ひんこん)から逃(のが)れる権利

小学校中学年以上(いじょう)

 独学(どくがく)で詩(し)を作っている石川県小松市内(けんこまつしない)の男性(だんせい)がパキスタンの女性人権家(じょせいじんけんか)をうたった「ああマララさん」に託(たく)した思(おも)いを知(し)ろう。

 発展問題(はってんもんだい)(3)は答(こた)えを募集(ぼしゅう)します。はがきに住所(じゅうしょ)、郵便番号(ゆうびんばんごう)、氏名(しめい)、学校、学年、電話番号、掲載(けいさい)日を書き、〒920 8573(住所不要(ふよう))北陸(ほくりく)中日新聞報道部NIE係(ほうどうぶエヌアイイーがかり)に送(おく)ってください。締(し)め切りは27日必着(ひっちゃく)。正解者(せいかいしゃ)の中から2人に図書(としょ)カードを差(さ)し上げます。

 ■解答(かいとう) 基本問題(きほんもんだい)(1)c (2)a (3)b ▽発展(はってん)問題(1)c (2)b 5月14日付(づけ)発展問題(3)の答(こた)えはbです。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索