トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > あらかると > 記事

ここから本文

あらかると

【新聞わーくシート】能登半島地震から10年 地域復興 課題残る

能登半島地震(のとはんとうじしん)から10年。国の重要伝統的建造物群保存地区(じゅうようでんとうてきけんぞうぶつぐんほぞんちく)に選定(せんてい)されている美(うつく)しい黒瓦(がわら)の町並(まちな)みが戻(もど)り、日本海に沈(しず)む夕日に照(て)らされた=石川県輪島(けんわじま)市門前(もんぜん)町黒島(くろしま)町で

写真

 今年(ことし)三月で能登半島地震(のとはんとうじしん)から十年を迎(むか)えました。石川県内(けんない)の被災(ひさい)地の復興事業(ふっこうじぎょう)はほぼ完了(かんりょう)しました。しかし、被害(ひがい)が大きかった輪島(わじま)市、穴水(あなみず)町を中心に人口減少(じんこうげんしょう)や高齢化(こうれいか)が加速(かそく)し、被災者(しゃ)の生活再建(さいけん)に課題(かだい)が残(のこ)っています。

 ■掲載(けいさい) 3月25日朝刊1面(めん)

参考(さんこう)の記事(きじ)

 石川県内(けんない)で最大震度(さいだいしんど)6強(きょう)を記録(きろく)した二〇〇七年の能登半島地震(のとはんとうじしん)から(三月)二十五日で十年を迎(むか)える。道路整備(どうろせいび)などの復興事業(ふっこうじぎょう)はほぼ終(お)わったが、過疎(かそ)・高齢化(こうれいか)は深刻(しんこく)さを増(ま)している。

 輪島(わじま)市と穴水(あなみず)町を中心に県内の住宅(じゅうたく)二千四百二十六棟(とう)が全半壊(ぜんはんかい)し、死者(ししゃ)一人、重軽傷者(じゅうけいしょうしゃ)は三百三十八人に上(のぼ)った。仮設(かせつ)住宅ではピーク時に三百二十九世帯(せたい)、七百三十六人が生活した。

 県(けん)によると、被災(ひさい)地の復興事業はほぼ完了(かんりょう)。地域活性(ちいきかっせい)化などの事業を支援(しえん)してきた能登半島地震復興基金(ききん)も三月末(まつ)に解散(かいさん)する。

 災害公営(さいがいこうえい)住宅で生活する被災者は現在(げんざい)も輪島市と穴水町で計四十二世帯、六十五人いる。高齢者を中心とした被災者の生活再建(さいけん)に課題(かだい)が残(のこ)っている。

 被害(ひがい)の大きかった輪島市、穴水町の人口(じんこう)は十年前と比(くら)べて、それぞれ17%、19%減(へ)った。高齢化率(りつ)は40%を超(こ)えている。

 二十五日には関連行事(かんれんぎょうじ)が各地(かくち)で行われ、住民(じゅうみん)らは地震発生時刻(はっせいじこく)の午前九時四十一分(ぷん)に合わせて黙(もく)とうをささげる。

 ■監修(かんしゅう) 砂上昌一(すながみしょういち) (NIE(エヌアイイー)コーディネーター)

記事を読んで考えよう(基本問題) 

(1)能登半島地震(のとはんとうじしん)はいつ発生(はっせい)しましたか。

 a 1995年1月11日

 b 2007年3月25日

 c 2011年3月11日

(2)石川県内(けんない)では最大震度(さいだいしんど)はどれくらいでしたか。

 a 5強(きょう)

 b 6弱(じゃく)

 c 6強

(3)地震で全半壊(ぜんはんかい)した石川県内の住宅(じゅうたく)は何棟(とう)でしたか。

 a 338棟

 b 2426棟

 c 5560棟

発展問題にチャレンジ

(1)三月末(まつ)に解散(かいさん)した能登半島地震復興基金(のとはんとうじしんふっこうききん)は主(おも)にどんな事業(じぎょう)をしましたか。

 a 地域活性化(ちいきかっせいか)などの事業支援(しえん)

 b 高齢者(こうれいしゃ)の生活支援

 c 若者(わかもの)の定住(ていじゅう)支援

(2)被害(ひがい)が大きかった輪島(わじま)市の人口(じんこう)は当時に比(くら)べ、現在(げんざい)はどれだけ減少(げんしょう)しましたか。

 a 17%

 b 19%

 c 40%

(3)高齢化率(りつ)とはどんな意味(いみ)でしょうか。

 a 総(そう)人口に対(たい)する60歳以上(さいいじょう)の割合(わりあい)

 b 総人口に対する65歳以上の割合

 c 総人口に対する75歳以上の割合

小学校中学年以上(いじょう)

 10年前に発生(はっせい)した能登半島地震(のとはんとうじしん)と被災(ひさい)地に現在(げんざい)でも残(のこ)る課題(かだい)について知ろう。

 発展問題(はってんもんだい)(3)は答えを募集(ぼしゅう)します。はがきに住所(じゅうしょ)、郵便番号(ゆうびんばんごう)、氏名(しめい)、学校、学年、電話番号(でんわばんごう)、掲載(けいさい)日を書き、〒920 8573(住所不要(ふよう))北陸(ほくりく)中日新聞報道部NIE係(ほうどうぶエヌアイイーがかり)に送(おく)ってください。締(し)め切りは22日必着(ひっちゃく)。正解者(せいかいしゃ)の中から2人に図書(としょ)カードを差(さ)し上げます。

■解答(かいとう) 基本問題(きほんもんだい)(1)b (2)c (3)b ▽発展(はってん)問題(1)a (2)a ▽4月9日付(づけ)発展問題(3)の答(こた)えはbです。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索