トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > あらかると > 記事

ここから本文

あらかると

【新聞わーくシート】 昆虫さがしてみよう

生態園(せいたいえん)で見られる虫(むし)の分布(ぶんぷ)を標本(ひょうほん)で示(しめ)した地図(ちず)=石川県白山(けんはくさん)市の県ふれあい昆虫館(こんちゅうかん)で

写真

 ビオトープに生息(せいそく)するさまざまな昆虫(こんちゅう)を紹介(しょうかい)する企画展(きかくてん)が石川県白山(けんはくさん)市の県ふれあい昆虫館(かん)で開(ひら)かれています。どんな企画でしょうか、記事(きじ)を読んでみましょう。

■掲載(けいさい) 3月3日北陸広域面(ほくりくこういきめん)

参考(さんこう)の記事(きじ) 

 石川県白山(けんはくさん)市の県ふれあい昆虫館(こんちゅうかん)で、同館(どうかん)のビオトープ「生態園(せいたいえん)」をテーマにした企画展(きかくてん)が開(ひら)かれている。園内(えんない)で見つかった多彩(たさい)な虫の分布(ぶんぷ)を表(あらわ)した地図や標本(ひょうほん)計千二百四十点、虫の捕獲方法(ほかくほうほう)などを紹介(しょうかい)し、観察(かんさつ)や採集(さいしゅう)の魅力(みりょく)を伝(つた)えている。

 生態園は広さ三千六百四十八平方(へいほう)メートル。虫が集(あつ)まるように植樹(しょくじゅ)し、人工池(じんこういけ)や水路(すいろ)、草原を設(もう)けている。一年中、野外(やがい)観察が楽しめ、春から秋は特(とく)に多くの虫が見られる。

 企画展では、園全域(ぜんいき)の縦(たて)一・四メートル、横(よこ)二・四メートルの地図に標本百五十点をちりばめた。標本の位置(いち)は職員(しょくいん)が実際(じっさい)に見つけた場所(ばしょ)を示(しめ)しており、水路の上を飛(と)ぶオニヤンマ、幼虫(ようちゅう)の餌(えさ)となる木の近くにいるチョウなど、それぞれの生息(せいそく)地が分かるようになっている。

 園内で見られる昆虫をテーマごとに分類(ぶんるい)し、標本八百点と解説(かいせつ)パネルを展示(てんじ)。外見(がいけん)の特徴(とくちょう)や探(さが)し方、見られる時期(き)を記(しる)した。虫捕(と)り網(あみ)の使(つか)い方や虫の習性(しゅうせい)を利用(りよう)したわなも紹介している。福富宏和学芸員(ふくとみひろかずがくげいいん)は「生態園では、五百種以上(しゅいじょう)の虫が見つかっている。昆虫採集も可能(かのう)なので、展示を見た後は実際に探してみてほしい」と話(はな)した。

 火曜休館(きゅうかん)、七月三日まで。春休みとゴールデンウイーク期間(きかん)は無休(むきゅう)。入館料(にゅうかんりょう)は一般(いっぱん)四百十円、小中高生二百円、小学生未満無料(みまんむりょう)。

■監修(かんしゅう) 砂上昌一(すながみしょういち)(NIE(エヌアイイー)コーディネーター)

記事を読んで考えよう(基本問題) 

(1)ビオトープとは何ですか。

 a 昆虫(こんちゅう)がすむビニールハウス

 b 野生生物(やせいせいぶつ)が生息(せいそく)する空間(くうかん)

 c 放(はな)し飼(が)いの動物園(どうぶつえん)

(2)県(けん)ふれあい昆虫館(かん)のビオトープは何と言いますか。

 a 生態園(せいたいえん)

 b みどり池(いけ)

 c 昆虫広場(ひろば)

(3)展示(てんじ)された地図の中に標本(ひょうほん)は何点ありますか。

 a 150点

 b 800点

 c 1240点

発展問題にチャレンジ  

(1)生態園(せいたいえん)の広さはどれだけですか。

 a 3648平方(へいほう)メートル  

 b 4567平方メートル

 c 5375平方メートル

(2)企画展(きかくてん)の特徴(とくちょう)は何ですか。

 a 実際(じっさい)に生きた昆虫(こんちゅう)を展示(てんじ)している

 b 職員(しょくいん)が実際に見つけた場所(ばしょ)を示(しめ)し、生息(せいそく)地が分かるようになっている

 c 実際に会場(かいじょう)で昆虫採集(さいしゅう)ができる

(3)県(けん)ふれあい昆虫館(かん)の館内(かんない)には一年中(いちねんじゅう)、チョウが飛(と)び回っていますが、チョウは何匹(びき)いますか。

 a 約(やく)800匹

 b 約1000匹

 c 約5000匹

小学校中学年以上(いじょう)

 石川県白山(けんはくさん)市の県ふれあい昆虫館(こんちゅうかん)にあるビオトープをテーマにした企画展(きかくてん)について知ろう。

 発展問題(はってんもんだい)(3)は答えを募集(ぼしゅう)します。はがきに住所(じゅうしょ)、郵便番号(ゆうびんばんごう)、氏名(しめい)、学校、学年、電話番号、掲載(けいさい)日を書き、〒920 8573(住所不要(ふよう))北陸(ほくりく)中日新聞報道部NIE係(ほうどうぶエヌアイイーがかり)に送(おく)ってください。締(し)め切りは25日必着(ひっちゃく)。正解者(せいかいしゃ)の中から2人に図書(としょ)カードを差(さ)し上げます。

■解答(かいとう) 基本問題(きほんもんだい)(1)b (2)a (3)a ▽発展(はってん)問題(1)a (2)b ▽3月12日付(づけ)発展問題(3)の答(こた)えはbです。 

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索