トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > あらかると > 記事

ここから本文

あらかると

【新聞わーくシート】20年前海岸が真っ黒に 重油漂着から得た教訓

回収(かいしゅう)用ドラム缶(かん)を大量(たいりょう)に集(あつ)め、大勢(おおぜい)の人が参加(さんか)した除去作業(じょきょさぎょう)=1997年1月11日、石川県加賀(けんかが)市塩屋海岸(しおやかいがん)で

写真

 ロシア・タンカー「ナホトカ」が日本海(にほんかい)で沈没(ちんぼつ)し、重油(じゅうゆ)が流出(りゅうしゅつ)した事故(じこ)で、石川県(けん)に漂着(ひょうちゃく)してから一月で丸(まる)二十年になりました。いまは海岸(かいがん)で重油漂着の跡形(あとかた)も見当たりませんが、当時は、大勢(おおぜい)の住民(じゅうみん)やボランティアらが懸命(けんめい)の思いで重油回収(かいしゅう)に取(と)り組(く)みました。ナホトカ事故とはどんな事故だったのでしょうか。事故から得(え)た教訓(きょうくん)とは何だったのでしょうか。

■掲載(けいさい) 1月8日1面(めん)

参考(さんこう)の記事(きじ) 

 一九九七年一月、ロシアの老朽化(ろうきゅうか)したタンカー「ナホトカ」が日本海(にほんかい)で沈没(ちんぼつ)し、重油(じゅうゆ)が流出(りゅうしゅつ)した事故(じこ)で、石川県内(けんない)の海岸(かいがん)に初(はじ)めて重油が漂着(ひょうちゃく)してから、(一月)八日夕で丸二十年を迎(むか)える。漂着被害(ひがい)は外浦一帯(そとうらいったい)の十八市町(しちょう)(当時)に拡大(かくだい)。全国(ぜんこく)からのボランティアや地域住民(ちいきじゅうみん)、自衛隊員(じえいたいいん)ら計二十万二千九百人が現地(げんち)入りし、真(ま)っ黒な重油と立ち向(む)かった。

 ナホトカは二十年前の一月二日、島根県(しまねけん)の隠岐島沖(おきのしまおき)で遭難(そうなん)。流出した重油は五日後の七日、福井(ふくい)県三国町(みくにちょう)(現坂井(げんさかい)市)に漂着した。石川県は同日(どうじつ)、県民(けんみん)ボランティア情報(じょうほう)センターでボランティアの登録(とうろく)をスタート。県内初の漂着は加賀(かが)市片野(かたの)海岸だった。

 県によると、沿岸(えんがん)市町や県が用意(ようい)したひしゃくは二千十八本、ゴム手袋(てぶくろ)は一万八千九十組。地元漁船(ぎょせん)七百五十二隻(せき)などで集(あつ)めた分も含(ふく)めると、回収量(かいしゅうりょう)は二万二千三百五キロリットルに上(のぼ)った。ドラム缶(かん)十一万一千五百本余(あま)りに相当(そうとう)し、全国で回収された重油の四割(わり)近くを占(し)めた。

 当時、消防団員(しょうぼうだんいん)として回収に加(くわ)わった県災害(さいがい)ボランティア協会(きょうかい)の水戸雅之(みずとまさゆき)会長(59)は「町会(ちょうかい)や市民団体(しみんだんたい)など、みんなで力を合わせることが必要(ひつよう)とされた」と振(ふ)り返(かえ)る。回収作業(さぎょう)中に輪島実業(わじまじつぎょう)高校(当時)の教諭(きょうゆ)が亡(な)くなったことに触(ふ)れ「広いエリアにわたるボランティアの安全確保(あんぜんかくほ)には、活動(かつどう)時間の管理(かんり)などを考えないといけない」と教訓(きょうくん)を語った。

■監修(かんしゅう) 砂上昌一(すながみしょういち)

  (NIE(エヌアイイー)コーディネーター)

記事を読んで考えよう(基本問題) 

(1)事故(じこ)を起(お)こしたロシア・タンカーの名前は何ですか。

 a モスクワ

 b レニングラード

 c ナホトカ

(2)事故はどこで起きましたか。

 a 島根県(しまねけん)の隠岐島沖(おきのしまおき)

 b 福井(ふくい)県の坂井(さかい)市沖

 c 石川県の舳倉島(へぐらじま)沖

(3)石川県では、重油回収(じゅうゆかいしゅう)にあたったのは何人でしたか。

 a 約(やく)5万人

 b 約11万人

 c 約20万人

発展問題にチャレンジ  

(1)重油(じゅうゆ)の回収量(かいしゅうりょう)はドラム缶(かん)で何本に相当(そうとう)しましたか。

 a 約1万本

 b 約11万本

 c 約20万本

(2)タンカーの船首(せんしゅ)が座礁(ざしょう)したのはどこですか。

 a 福井県(ふくいけん)の坂井(さかい)市

 b 石川県の輪島(わじま)市 

 c 富山(とやま)県の氷見(ひみ)市

(3)広いエリアにわたるボランティアは何が大切だと言っていますか。

 a 大勢(おおぜい)の人が必要(ひつよう)

 b 活動(かつどう)時間の管理(かんり)を考える

 c きちんとした計画を立てる

小学校中学年以上(いじょう)

 1997年に発生(はっせい)したロシア・タンカー重油流出事故(じゅうゆりゅうしゅつじこ)について知ろう。

 発展問題(はってんもんだい)(3)は答えを募集(ぼしゅう)します。はがきに住所(じゅうしょ)、氏名(しめい)、学校、学年、電話番号(ばんごう)、掲載(けいさい)日を書き、〒920 8573(住所不要(ふよう))北陸(ほくりく)中日新聞報道部(ほうどうぶ)NIE係(がかり)に送(おく)ってください。締(し)め切りは28日必着(ひっちゃく)。正解者(せいかいしゃ)の中から2人に図書(としょ)カードを差(さ)し上げます。

■解答(かいとう) 基本問題(きほんもんだい)(1)c (2)a (3)c ▽発展(はってん)問題(1)b (2)a ▽15日付(づけ)発展問題(3)の答えはbです。 

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索