トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > あらかると > 記事

ここから本文

あらかると

【新聞わーくシート】小松市で中学生サミット ネット利用 こんな悩みが

インターネット利用(りよう)について話(はな)し合う中学生たち=石川県小松(こまつ)市白江町(しらえまち)で

写真

 中学生と保護者(ほごしゃ)らがインターネットについて話(はな)し合う「中学生サミット」が石川県小松(けんこまつ)市でありました。ネットを利用(りよう)する生徒(せいと)たちの悩(なや)みは何か、大人(おとな)たちはどんな意見(いけん)を思っているのでしょうか。記事(きじ)を読んでみましょう。

 ■掲載(けいさい) 11月24日北陸広域面(ほくりくこういきめん)

参考(さんこう)の記事(きじ)

 石川県小松市内(けんこまつしない)の中学生がインターネットについて話(はな)し合う「中学生サミット」が(十一月)二十三日、同市白江町(どうししらえまち)の第(だい)一地区(ちく)コミュニティセンターであり、中学生百人と保護者(ほごしゃ)ら六十人が参加(さんか)した。生徒(せいと)が市内の小、中学生のネット利用状況(りようじょうきょう)を調(しら)べたアンケートを基(もと)に、保護者や教員(きょういん)と意見交換(いけんこうかん)した。

 アンケートでは「ネットに一日三時間以上接続(いじょうせつぞく)している」と答えた生徒が約(やく)二割(わり)いた。三時間以上の児童(じどう)、生徒のうち「面識(めんしき)がない人とLINE(ライン)などをしている」と答えたのは58%、「一分(ぷん)で返信(へんしん)する」が23%、「有害(ゆうがい)サイトにアクセスしたことがある」は15%で、三時間未満(みまん)の児童、生徒より九項目全(こうもくすべ)てで割合(わりあい)が高かった。

 生徒からは「すぐ返信しないと悪口(わるぐち)を言われそう」「一回始(はじ)めたやりとりを終(お)えられない」と本音が次々(つぎつぎ)と飛(と)び出し、大人(おとな)たちは心配(しんぱい)そうな表情(ひょうじょう)を浮(う)かべていた。石黒和彦(いしぐろかずひこ)市教育(きょういく)長や保護者を交えた意見交換では「現実(げんじつ)の人間関係(かんけい)を大切にしてほしい」との切実(せつじつ)な声や、「親子でスマホのゲームに夢中(むちゅう)で話す時間が持(も)てていなかった」などの率直(そっちょく)な声が漏(も)れていた。

 今後、毎月二十三日を「ネットを考える日」としてネット使用(しよう)時間を一日(いちにち)一時間に短縮(たんしゅく)する取(と)り組(く)みを進(すす)める。御幸(みゆき)中三年荒木田真衣(あらきだまい)さん(15)は「人間関係にネットが影響(えいきょう)している私(わたし)たちの現状(げんじょう)を大人に知ってもらえてよかった」と話した。サミットに協力(きょうりょく)した兵庫県立大(ひょうごけんりつだい)の竹内和雄准教授(たけうちかずおじゅんきょうじゅ)(51)は「子どもがネットに振(ふ)り回されないよう、大人が現状を共有(きょうゆう)して一緒(いっしょ)に考えて」と呼(よ)び掛(か)けた。

 ■監修(かんしゅう) 砂上昌一(すながみしょういち)(NIE(エヌアイイー)コーディネーター)

記事を読んで考えよう(基本問題)

(1)中学生サミットの参加者(さんかしゃ)は何人ですか。

 a 中学生100人と保護(ほご)者ら60人

 b 中学生160人と保護者ら60人

 c 中学生80人、保護者ら80人

(2)ネット利用状況(りようじょうきょう)を調(しら)べたアンケートの対象(たいしょう)者は誰(だれ)ですか。

 a 小松市内(こまつしない)の小中学生(しょうちゅうがくせい)

 b 小松市内の中学生

 c 小松市内の小中学生、保護者

(3)アンケートでは、「ネットに1日3時間以上接続(いじょうせつぞく)している」と答えた人はどれだけいましたか。

 a 約(やく)1割(わり)

 b 約2割

 c 約5割

 発展問題にチャレンジ  

(1)アンケートの対象者(たいしょうしゃ)で、面識(めんしき)のない人とLINE(ライン)をしていると答えた人はどれだけですか。

 a 小中学生のうち、58%

 b 小中学生、保護(ほご)者のうち、58%

 c 3時間以上接続(いじょうせつぞく)している小中学生のうち、58%

(2)小松市内(こまつしない)の中学生が「ネットを考える日」は、どんな取(と)り組(く)みですか。

 a ネットの利用(りよう)時間を1日1時間に短縮(たんしゅく)する

 b ネット利用時間を1時間以上に促進(そくしん)する

 c 面識がない人とLINEをしないようにする

(3)ネットの利用について、出なかった意見(いけん)はどれでしょうか。

 a 親子でネットのゲームをする時間が増(ふ)えて、親子の絆(きずな)が強まる

 b 子どもたちがネットに振(ふ)り回されないようにしなければならない

 c 中学生がネットに影響(えいきょう)されている現状(げんじょう)を知ってもらいたい

小学校中学年以上(いじょう)

 ネットを利用(りよう)する中学生の現状(げんじょう)や悩(なや)みを知ろう。

 発展問題(はってんもんだい)(3)は答えを募集(ぼしゅう)します。はがきに住所(じゅうしょ)、氏名(しめい)、学校、学年、電話番号(ばんごう)、掲載(けいさい)日を書き、〒920 8573(住所不要(ふよう))北陸(ほくりく)中日新聞報道部NIE係(ほうどうぶエヌアイイーがかり)に送(おく)ってください。締(し)め切りは17日必着(ひっちゃく)。正解者(せいかいしゃ)の中から2人に図書(としょ)カードを差(さ)し上げます。

 ■解答(かいとう) 基本問題(きほんもんだい)(1)a (2)a (3)b ▽発展(はってん)問題(1)c (2)a ▽11月20日付発展問題(3)の答えはaです。 

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索