トップ > 北陸中日新聞から > マナビバ > あらかると > 記事

ここから本文

あらかると

【新聞わーくシート】ノーベル化学賞 機械のような働きをする分子の研究 「極小ロボットにも役立つ」

ノーベル賞受賞(しょうじゅしょう)の喜(よろこ)びを語るソバージュさん=石川県金沢(けんかなざわ)市の金沢大(かなざわだい)で

写真

二〇一六年のノーベル化学賞(かがくしょう)を受賞(じゅしょう)したフランス人(じん)の研究者(けんきゅうしゃ)が石川県金沢(けんかなざわ)市の金沢大(かなざわだい)で会見(かいけん)し、化学の研究について語りました。どんな会見だったのか記事(きじ)を読んでみましょう。

■掲載(けいさい) 10月29日北陸広域面(ほくりくこういきめん)

■監修(かんしゅう) 砂上昌一(すながみしょういち)

  (NIE(エヌアイイー)コーディネーター)

参考(さんこう)の記事(きじ) 

ソバージュさん 金沢で会見

 二〇一六年のノーベル化学賞(かがくしょう)を受賞(じゅしょう)したフランス人(じん)の超分子研究(ちょうぶんしけんきゅう)の第一人者(だいいちにんしゃ)ジャンピエール・ソバージュさんが(十月)二十八日、金沢(かなざわ)市の金沢大(かなざわだい)で会見(かいけん)し、「受賞の理由(りゆう)となった機械(きかい)のような働(はたら)きをする分子の研究は、化学の分野(ぶんや)では大きな一歩(いっぽ)となった。今後もさまざまな研究に応用(おうよう)できる」と語った。

 ソバージュさんは、フランス・ストラスブール大の名誉教授(めいよきょうじゅ)。「分子機械の設計(せっけい)と合成(ごうせい)に関(かん)する研究」でノーベル化学賞を受賞。今年(ことし)四月から、金沢大が極(きわ)めて顕著(けんちょ)な業績(ぎょうせき)がある国内外(こくないがい)の研究者(しゃ)に研究や拠点開発(きょてんかいはつ)について助言(じょげん)をしてもらう「リサーチプロフェッサー」を務(つと)めている。

 ソバージュさんは、「受賞の一報(いっぽう)を聞いたときには、信(しん)じられない気持(きも)ちだった。まだ、現実(げんじつ)を受(う)け止めることができない」と述(の)べ、改(あらた)めて受賞の喜(よろこ)びを語った。

小学校高学年以上(いじょう)

 2016年のノーベル賞(しょう)を受賞(じゅしょう)したフランス人研究者(じんけんきゅうしゃ)が金沢大(かなざわだい)で会見(かいけん)した。受賞の理由(りゆう)となった研究成果(せいか)は何か。金沢大との関係(かんけい)は何だろう。

 自身(じしん)の研究について、「将来的(しょうらいてき)には、血管(けっかん)の中に極小(きょくしょう)の機械を入れて薬(くすり)を直接投入(ちょくせつとうにゅう)するような医療技術(いりょうぎじゅつ)や日本で研究が進(すす)められているマイクロロボットの発展(はってん)にも役立(やくだ)つ」と語った。

 記事を読んで考えよう(基本問題) 

(1)ジャンピエール・ソバージュさんはどんな研究(けんきゅう)に取(と)り組(く)んでいますか。

 a 医療技術(いりょうぎじゅつ)研究

 b 機械(きかい)工学研究

 c 超分子(ちょうぶんし)研究

(2)ソバージュさんはフランスのどの大学の名誉教授(めいよきょうじゅ)ですか。

 a パリ大

 b ストラスブール大

 c ソルボンヌ大

(3)ソバージュさんは金沢大(かなざわだい)の「リサーチプロフェッサー」をいつから務(つと)めていますか。

 a 昨年(さくねん)4月から

 b 今年(ことし)1月から

 c 今年4月から

発展問題にチャレンジ  

(1)金沢大(かなざわだい)の「リサーチプロフェッサー」とは何をする仕事(しごと)ですか。

 a これまでの業績(ぎょうせき)、研究(けんきゅう)を講演(こうえん)してもらう

 b 研究や拠点開発(きょてんかいはつ)について助言(じょげん)をしてもらう

 c 学生に研究の指導(しどう)をしてもらう

(2)二〇一六年にノーベル賞(しょう)を受賞(じゅしょう)した日本の大隈良典(おおすみよしのり)さんはどの部門(ぶもん)で受賞しましたか。

 a 医学(いがく)生理学賞

 b 物理(ぶつり)学賞

 c 平和(へいわ)賞

(3)これまでノーベル賞を受賞した日本人のうち、名前と部門の組(く)み合わせが違(ちが)っているのはどれですか。

 a 湯川秀樹(ゆかわひでき)(化学(かがく)賞)

 b 川端康成(かわばたやすなり)(文学賞)

 c 山中伸弥(しんや)(医学生理学賞)

■解答(かいとう) 基本問題(きほんもんだい)(1)c (2)b (3)c ▽発展(はってん)問題(1)b (2)a ▽11月13日付(づけ)発展問題(3)の答えはbです。 

 発展問題(はってんもんだい)(3)は答えを募集(ぼしゅう)します。はがきに住所(じゅうしょ)、氏名(しめい)、学校、学年、電話番号(ばんごう)、掲載(けいさい)日を書き、〒920 8573(住所不要(ふよう))北陸(ほくりく)中日新聞報道部NIE係(ほうどうぶエヌアイイーがかり)に送(おく)ってください。締(し)め切りは26日必着(ひっちゃく)。正解者(せいかいしゃ)の中から2人に図書(としょ)カードを差(さ)し上げます。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索