トップ > 北陸中日新聞から > 北陸中日新聞社会事業団 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会事業団関連ニュース

年末助け合い 義援金贈呈 北陸中日社会事業団、8施設に

菅沼堅吾代表(右)から義援金を受け取る城田充施設長ら=金沢市別所町のハビリポート若葉・若竹で

写真

 「年末助け合い募金」で北陸中日新聞社会事業団に寄せられた義援金の贈呈式が九日、金沢市内であった。昨年末に同事業団に寄託されたのは四十八件、九十三万千百一円。県内の八つの福祉施設に十万円ずつ贈られる。

 金沢市別所町の障害者支援施設「ハビリポート若葉・若竹」では、中日新聞北陸本社の菅沼堅吾代表が義援金を城田充施設長に手渡しした。

 ハビリポートは、障害の程度によって二つの施設に分かれており、二十〜八十代の利用者計二百人が入所して暮らす。城田施設長は「寄付してくださった大切なお金を利用者の困り事のために活用したい」と語った。

 このほかの贈り先は、金沢市の愛育学園、小松市のうめの木学園、加賀市の幸徳園、野々市市の地域活動支援センターののいち、能登町の就労継続支援センターおおとり、日本海倶楽部で、いずれも障害者を支援する福祉施設。今月中に順次贈る。 (督あかり)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索