トップ > 北陸中日新聞から > 北陸中日新聞社会事業団 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会事業団関連ニュース

引きこもりは親が変わろう エムザで22日講演

 引きこもりの子どもを持つ親たちでつくる「あすなろ親の会」の四月例会(北陸中日新聞社会事業団と同会主催)が二十二日正午から金沢市武蔵町のめいてつ・エムザのステーキハウス大膳で開かれる。不登校の子どもたちの相談に長年乗ってきた小松市の認定こども園元園長の西村倭子(しずこ)さんが「自分に厳しく」と題して講演する。

 会員の氏家佐喜子さんは「親が変わらなければ、引きこもりの子どもも変わらない。子どもにどう向き合うかを考える機会になれば」と話す。講演に先立ち、昼食会もある。

 あすなろ親の会の活動は三十年以上に上る。会員は二十人ほどに減り、高齢化も進んでいるが、貴重な交流の場として例会を続けている。

 参加費は一般と通信会員は二千円、会員は無料。予約不要。(問)氏家さん090(7085)6842 (押川恵理子)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索