トップ > 北陸中日新聞から > ホープフル > 記事

ここから本文

hopeful

【着こなす】鈴木経済部長 ユニクロで爽やか初夏

▼ジャケット/感動ジャケット・ストライプ・グレー5990円▼Tシャツ/スーピマコットンクルーネック・ネービー1000円▼パンツ/感動パンツ・白3990円▼靴/Uスリッポンスニーカー・白3990円(いずれも税別)

写真

 今回の「着こなす」の体験場所が長年愛用しているユニクロのお店と聞いて、ぐっと気持ちが楽になった。柄にもなくしゃれた高級店では冷や汗ものと思っていたからだ。

 ユニクロとは二〇〇〇年ごろ、多色のフリースが次々に現れるテレビCMを見て、オレンジと青の二着を注文して以来のお付き合い。どれもしっかり縫製、丈夫な上にお手軽価格なのがいい。最初のフリースは今なお現役だ。

 金沢市無量寺にあるアピタタウン金沢ベイ店は初めて訪れた。でも留守宅がある名古屋の近辺でよく行く店とたたずまいがそっくりで安心。まずは紺のブレザーに仕事用カバン、黒の革靴という“変身前”の撮影を済ませた。

 「きっと自分は絶対選ばない組み合わせが来るんだろうな」。そんな予感はピタリと当たった(と胸を張るほどのことでもないが)。シニアパートナーの水上涼子さん(29)が薦めてくれたのは「初夏の爽やかコーデ」。

 早速着替えると、ストライプのジャケットにネービーのTシャツ、白のパンツ、スニーカーと全てが軽やか。小雨が降り、蒸し暑かったせいでどんよりしていた気分がさっと晴れた。

 「きっちり見えるジャケットの中にあえてTシャツでカジュアルダウンして爽やかな感じにしました」と水上さん。「五十代でも、どこかワンポイント明るい色を取り入れることで今までと違った印象になりますよ」

 こそばゆい「モデル初体験」が終わった。本人は内心「まあまあの出来かな」と思ったのに、高校と中学の娘二人は父親の「晴れ姿」が写ったカラー写真を見るなり腹を抱えて大笑い。もう、お小遣い減らすよ! (鈴木宏征)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索