トップ > 北陸中日新聞から > 北陸釣りウィークリー > 記事

ここから本文

北陸釣りウィークリー

穴水湾でメバル好調

能登内浦

 七尾湾・灘浦 【岸】七尾港から能登島周辺で30〜40センチのクロダイが浮き釣りで狙える。15〜20センチのメバルが餌かワームで狙える【船】観音崎から能登島沖の深場で小型のヤナギバチメがぽつぽつ当たる。まれにキツネメバルも見られる。アジやスルメイカは魚影が少ない=七尾市小丸山大通り、フィッシングオザワ(電)0767(52)0038

 穴水周辺 【船】穴水湾でメバルとイワシが好調。平均20センチ前後のメバルはアオイソメかワームで、同25センチ前後のイワシはサビキで狙える【岸】穴水湾でメバルが好調。平均15センチ前後で、アオイソメかワームで狙える。29センチの釣果もあった。手のひらサイズのクロダイはオキアミで狙える=穴水町地蔵坊、釣侍穴水店(電)0768(52)2727

 九十九湾周辺 【岸】小木港の東一文字堤で、多い客でアジが30匹。最大36センチ。ホッケも揚がっている。クロダイが上向き。宇出津で最大49センチ=能登町小木、里磯釣具店(電)0768(74)1425

 珠洲海岸 【岸】寒暖の差が大きく、風も強いため釣りに出る人は少ない。飯田や蛸島でハチメを狙っているようだが、釣果はあまり良くない。本格シーズン入りは5月に入ってからになるのでは=珠洲市飯田町、ふじの釣具店(電)0768(82)1585

能登外浦

 輪島周辺 【岸】輪島市門前町などで50センチ以上のクロダイが釣れ始めている。珠洲市折戸町−狼煙町でウミタナゴの釣果も。夜間には、18〜25センチほどのメバルが釣れている【船】七ツ島沖で5〜7キロほどのブリが釣れている。メバルやカサゴもぽつぽつ=輪島市町野町大川、釣政釣具店(電)0768(32)8118

 羽咋周辺 【岸】滝港から柴垣漁港にかけて20センチ前後のカサゴ、15〜20センチのアイナメ、20〜35センチのカレイ、西海新港では10〜20センチのメバル、25〜35センチのカレイが釣れている【船】羽咋沖から志賀町沖で40〜60センチのマダイがジグで1、2匹。チャバチメ、カサゴも狙える=羽咋市島出町、つり具センターあさの(電)0767(22)3260

金沢・加賀

 金沢港・金石・専光寺周辺 【岸】20〜40センチのカレイが数匹釣れる。サクラマスとボラも狙える。15〜20センチのアイナメが穴釣りで釣れる。金沢港では、稚アユがぽつぽつ。波がある日はクロダイも狙える【船】15〜20センチのチャバチメが10〜30匹釣れる=金沢市普正寺町、ファミリーフィッシングポパイ(電)076(268)0010

 松任・美川周辺 【川】サクラマスはあたりがあるものの、釣れていない。イワナやヤマメが5、6匹釣れている【岸】消波ブロック周りでカサゴが釣れる。海岸線で50〜60センチのシーバスが釣れている=白山市水澄町、リバ・シー(電)076(277)8080

 小松周辺 【岸】梯川河口周辺や根上海岸の消波ブロックの辺りではクロダイがぽつぽつ釣れている。河口周辺ではルアーでスズキが狙える時期になった。安宅新町や浜佐美などの海岸の消波ブロック帯ではなぎの日に穴釣りなどで根魚も狙える=小松市下牧町、みちがみ釣具店(電)0761(21)5367

 加賀周辺 【岸】塩屋周辺や橋立港周辺、新堀川河口堤防などではクロダイが時々釣れる。各河口周辺ではルアー釣りでスズキも狙える。なぎの日には消波ブロック周りで根魚も狙える【船】小松沖などでは風や波のため船がほとんど出ていない=前記同

富山

 富山市周辺 【岸】50センチ前後のサワラが1〜3匹。20〜25センチのメバルが2、3匹。35〜45センチのクロダイが1、2匹【海】胴長30センチ前後のスルメイカが30〜100匹超=富山市掛尾町、FISHERS富山店(電)076(461)6901

 黒部石田・経田 【陸】ホッケ、カレイが2、3匹【船】石田沖から黒部川河口沖では、アジとサバが10〜20匹。スルメイカが10〜20匹。数にむらはあるが、釣果は少しずつ上がっている=黒部市石田、ヤマダ釣具店(電)0765(52)2704

 新湊周辺 【岸】クロダイがぽつぽつ揚がっている。西堤防、東堤防、奈呉の浦での落とし込みやウキフカセ釣りで、大きくて45センチほどが釣れる。餌やルアー釣りでカレイが狙え、庄川の河口ではセイゴが当たる。新湊漁港や海王丸パークで狙える小アジは数が減った【沖】強風で沖に出る船は少ないが、サワラが狙える=射水市中央町、モリナガ釣具店(電)0766(82)3280

 氷見周辺 【岸】氷見漁港から灘浦海岸の堤防付近で、手のひら大〜50センチのクロダイが2〜5匹、手のひら大〜35センチのカレイが2〜5匹、消波ブロック周辺を穴釣りで15〜30センチのアイナメ、カサゴ、ソイが計5〜15匹、夕方から夜に、15〜25センチのメバルが5〜15匹【船】胴長25〜27センチのスルメイカが10〜40匹、大泊沖で25〜28センチのヤナギバチメが10〜30匹=氷見市北大町、くぼつり具センター(電)0766(72)1162

福井

 三国方面 餌釣りで38〜49センチのクロダイ。子持ちもいる。マダイはこれから。グレは20センチ前後と小ぶりだが釣れている。メバルも狙える。福井新港でばらつきはあるがアジ。九頭竜川では60センチ級のサクラマスも揚がった=福井市中角町、釣日記(電)0776(55)0888

 越前海岸 中部域で、雌のヤリイカ(胴長約20センチ)がぽつぽつ釣れている。南越前町河野など南部では、最大で50センチを超えるクロダイの釣果があった=鯖江市三六町、小林釣具店(電)0778(51)1452

 敦賀湾 33〜48センチのクロダイが多い人で5、6匹ほど釣れる。スズキも釣れ始めた。もうしばらくするとカレイやキスが釣れだす時期に=敦賀市五幡、きはら釣具店(電)0770(28)1915

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索