トップ > 北陸中日新聞から > 北陸釣りウィークリー > 記事

ここから本文

北陸釣りウィークリー

珠洲でウミタナゴ

能登内浦

 七尾湾・灘浦 【岸】能登島周辺で15〜20センチのメバルが、ワームか餌で狙える。投げ釣りで20〜30センチのカレイが狙える【船】観音崎沖の深場でヤナギバチメを狙うと面白い。水深約100メートルで、20〜25センチクラスが一荷で釣れる。ただ、この時期は移動が早くポイントが定まらない=七尾市小丸山大通り、フィッシングオザワ(電)0767(52)0038

 穴水周辺 【船】岩車−前波で20センチ前後のメバルがアオイソメかサビキで20〜30匹【堤防】穴水−鹿波で15センチ前後のメバルがアオイソメで20〜30匹=穴水町地蔵坊、釣侍穴水店(電)0768(52)2727

 九十九湾周辺 【岸】小木港の東堤防はこのところのしけで釣り客は少ない。アジやメバルが狙えるが、数は少ない。宇出津港で50センチ前後のクロダイ5匹が揚がった=能登町小木、里磯釣具店(電)0768(74)1425

 珠洲海岸 【岸】餌が少しずつ出ている。飯田や蛸島でハチメを狙っているようだ。今はカレイも釣れる時期だが、天候不順もあって釣果はあまり良くない。これからに期待したい=珠洲市飯田町、ふじの釣具店(電)0768(82)1585

能登外浦

 輪島周辺 【岸】珠洲市折戸町−狼煙町でウミタナゴが釣れ始めている。手のひらサイズが20〜30匹ほど。町野川下流では、数は少ないがサクラマスも釣れている。39センチのヤマメの釣果もあった【船】風の影響で船があまり出られず、釣果は少ない。ヤナギバチメが楽しめる=輪島市町野町大川、釣政釣具店(電)0768(32)8118

 羽咋周辺 【岸】滝港から柴垣漁港にかけて15〜20センチのアイナメがアオムシかイシゴカイで4、5匹、20〜35センチのカレイがアオムシかイシゴカイで1、2匹、20センチ前後のカサゴがアオムシかワームで2、3匹。西海新港で10〜20センチのメバルがアオムシかワームで5、6匹、25〜35センチのカレイがアオムシで1、2匹【船】羽咋沖から志賀町沖で15〜25センチのチャバチメがサビキで10〜20匹、20〜30センチのカサゴがジグかインチクで5、6匹=羽咋市島出町、つり具センターあさの(電)0767(22)3260

金沢・加賀

 金沢港・金石・専光寺周辺 【岸】サクラマスのほか、ボラが狙える。20〜40センチのカレイが数匹釣れる。金沢港では、稚アユがぽつぽつと釣れている。15〜20センチのアイナメが穴釣りで、波がある日は、クロダイも狙える【船】15〜20センチのチャバチメが10〜30匹釣れる=金沢市普正寺町、ファミリーフィッシングポパイ(電)076(268)0010

 松任・美川周辺 【川】手取川河口でシーバスが釣れる。穴釣りでカサゴも狙える。渓流では、30センチほどのイワナ、ヤマメも釣れる=白山市水澄町、リバ・シー(電)076(277)8080

 小松周辺 【岸】梯川河口周辺ではルアー釣りなどでスズキが狙える。波気のある日には安宅や浜佐美、根上一帯の海岸の消波ブロック周りでクロダイが狙える=小松市下牧町、みちがみ釣具店(電)0761(21)5367

 加賀周辺 【岸】大聖寺川河口周辺や新堀川河口周辺ではこれからスズキがシーズンになる。各河口堤防周辺や橋立港周辺ではクロダイも狙える。消波ブロックの辺りではなぎの日に穴釣りでソイやカサゴ、アイナメなどの稚魚も狙える【船】小松沖などのハチメやアジなどは不調=前記同

富山

 富山市周辺 【岸】東部の丘で青物がぽつぽつ。60センチ以下のサワラが2、3匹。ホタルイカパターンで25センチ以下のメバル、30〜40センチのクロダイ、50センチのシーバスが1、2匹【海】胴長30センチ以下のスルメイカが30〜100匹【川】サクラマスは不調=富山市掛尾町、FISHERS富山店(電)076(461)6901

 黒部石田・経田 【陸】カレイが2、3匹。クロダイが1、2匹【船】石田沖から黒部川河口沖では、アジ、サバが数匹。あとはスルメイカがわずか。雨と風、寒さで釣り客がほとんど出ていない。天候の回復待ち=黒部市石田、ヤマダ釣具店(電)0765(52)2704

 新湊周辺 【岸】クロダイが好調。堤防からの落とし込みや浮きフカセ釣りで40センチ前後が数匹の釣果。小型のメジナも揚がる。新湊漁港と海王丸パーク周辺では、小−中アジがサビキ釣りで釣れるが数は少ない。餌釣りやルアーでカレイやメバル、アイナメが狙える。庄川河口ではセイゴが釣れ始めた【沖】スルメイカが狙えるほか、アジも群れに当たれば揚がる=射水市中央町、モリナガ釣具店(電)0766(82)3280

 氷見周辺 【岸】氷見漁港から灘浦海岸の堤防付近で、手のひら大〜50センチのクロダイが2〜5匹、手のひら大〜35センチのカレイが2〜5匹、消波ブロック周辺を穴釣りで15〜30センチのアイナメ、カサゴ、ソイが計5〜15匹、夕方から夜に、20〜25センチのメバルが5〜15匹【船】胴長25〜27センチのスルメイカが20〜60匹、大泊沖で20〜27センチのヤナギバチメが10〜40匹=氷見市北大町、くぼつり具センター(電)0766(72)1162

福井

 三国方面 週末は荒天で釣りにならなかった。三国や福井新港の防波堤でアジ。15センチ前後で数も少ない。低い水温の影響か岸に寄ってきていない。クロダイも防波堤や越前海岸で35〜40センチが1人1、2匹ほど。海岸線一帯では夕方から夜にかけて20センチ前後のカサゴ、メバル=坂井市三国町池見、フィッシングまさだ(電)0776(82)2712

 越前海岸 中部域で、胴長30センチ前後のヤリイカが1日1、2匹ほど釣れている。鯖江市内の日野川ではサクラマスの釣果があった=鯖江市三六町、小林釣具店(電)0778(51)1452

 敦賀湾 小浜新港でコウイカが釣れだした。8日に20センチを超えるものが3匹揚がった。エギングによる釣果。アジングによるアジも夕方を中心に釣れている。大きさは25センチ前後。岡津漁港からも報告があった=小浜市小浜広峰、マーメイド釣具店(電)0770(53)2726

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索