トップ > 北陸中日新聞から > 北陸釣りウィークリー > 記事

ここから本文

北陸釣りウィークリー

九十九湾でホッケ

能登内浦

 七尾湾・灘浦 【岸】大田火力発電所釣り広場で30〜40センチ前後のクロダイが餌で狙え、たまにメジナも当たる。能登島周辺の波止では、15〜20センチ前後のメバルが釣れる【船】観音崎から能登島沖の深場で、スルメイカ狙いが盛期と思われるが、魚群の移動が速くポイントが定まらないので、1人10〜30匹程度の釣果。サビキ仕掛けでは、小型だがヤナギバチメとサバが当たっている=七尾市小丸山大通り、フィッシングオザワ(電)0767(52)0038

 穴水周辺 【船】鹿波−前波で25センチ前後のアジが20〜30匹、15センチ前後のメバルが20匹【いかだ】20センチ前後のアジが10〜20匹、30センチのクロダイが2、3匹【堤防】全域で25センチ前後のカレイが2、3匹=穴水町地蔵坊、釣侍穴水店(電)0768(52)2727

 九十九湾周辺 【岸】アジが下火になってきた。釣る人で30匹前後。サイズは20〜30センチ。小ぶりのホッケが釣れだした。メジナ、メバルがぼちぼち=能登町小木、里磯釣具店(電)0768(74)1425

 珠洲海岸 【岸】まだまだ水温が低いものの、ハチメがぽつぽつ揚がっている。そろそろサヨリも狙えそうだ。クロダイはもう少し先になるだろう=珠洲市飯田町、ふじの釣具店(電)0768(82)1585

能登外浦

 輪島周辺 【岸】メバルやカサゴ、ハチメ類が釣れている。マリンタウン周辺で好調だったカレイは一息に。イサザや稚アユのそ上が確認されており、来週ごろからはアジの釣果が期待できる【船】天候が安定しない日が多く、釣果は少ない。チャバチメがぽつぽつ。例年ならば、アジが楽しめる時期=輪島市河井町、塩木釣具店(電)0768(22)1308

 羽咋周辺 【岸】滝港から柴垣漁港で15センチ前後のメバル、20センチ前後のカサゴが釣れている。餌はアオムシかワーム。西海新港では10〜20センチのメバル、25〜35センチのカレイが狙える【船】羽咋沖から志賀町沖でチャバチメ、カサゴ。チャバチメは25〜30センチと型が良い=羽咋市島出町、つり具センターあさの(電)0767(22)3260

金沢・加賀

 金沢港・金石・専光寺周辺 【岸】20〜40センチのカレイが数匹、ボラが釣れる。15〜20センチのアイナメが穴釣りで狙える。サクラマスもこれから釣れ始める。波がある日は、クロダイがぽつりぽつり【船】15〜20センチのチャバチメが10〜30匹釣れる=金沢市普正寺町、ファミリーフィッシングポパイ(電)076(268)0010

 松任・美川周辺 【川】渓流釣りでイワナが狙える【岸】消波ブロック周りでクロダイ、海岸沿いでセイゴが狙える。投げ釣りでカレイも釣れている【船】釣り情報は入っていない=白山市水澄町、リバ・シー(電)076(277)8080

 小松周辺 【岸】安宅海岸や根上海岸一帯の消波ブロック周りでは少し波気のある日にクロダイが狙える。なぎの日には消波ブロック帯で根魚。河口周辺ではスズキやサゴシが狙えるようになる=小松市下牧町、みちがみ釣具店(電)0761(21)5367

 加賀周辺 【岸】これから4月にかけて新堀川河口周辺や伊切海岸などではルアー釣りでスズキやサゴシが狙えるようになる。橋立港周辺などではクロダイも狙えるほかなぎの日には根魚も狙える【船】小松沖などではなぎの日にハチメが狙えるが日や場所によって釣果にむらも多い=前記同

富山

 富山市周辺 【岸】四方や岩瀬では、ホタルイカが最盛期。群れに当たれば、30分ほどで100匹くらい狙える【海】スルメイカは終盤。プラヅノ釣りで胴長30センチが60〜70匹、メバルもまだまだ好調で30〜40匹、釣れる人は50匹以上も=富山市掛尾町、FISHERS富山店(電)076(461)6901

 黒部石田・経田 【陸】ヤリイカが4、5匹。カレイが2、3匹【船】石田沖から黒部川河口沖では、ヤリイカとスルメイカが10〜20匹。アジ、サバ、イワシが10〜20匹。大きさにばらつきはあるが、イワシが釣れるようになっている。サバも、当たれば20〜30匹釣れることもあるようだが、ぱっとしない=黒部市石田、ヤマダ釣具店(電)0765(52)2704

 新湊周辺 【岸】クロダイは消波ブロック周辺で好調が続いている。カニの落とし込みかフカセ釣りで30〜40センチが5匹ほど期待できる。穴釣りでキジハタも狙える。堤防では投げ釣りでカレイがぽつぽつ。新湊漁港や海王丸パークで狙える小アジは不調【沖】あまり揚がっていないが、五目釣りでアジとかタイなど=射水市中央町、モリナガ釣具店(電)0766(82)3280

 氷見周辺 【岸】氷見漁港から灘浦海岸の堤防付近で、手のひら大〜50センチのクロダイが2〜5匹、手のひら大〜35センチのカレイが2〜5匹、消波ブロック周辺を穴釣りで15〜30センチのアイナメ、カサゴ、ソイが計5〜15匹、夕方から夜に、20〜25センチのメバル10〜15匹【船】胴長28センチ前後のスルメイカが20〜60匹、大泊沖で25〜28センチのヤナギバチメが10〜60匹=氷見市北大町、くぼつり具センター(電)0766(72)1162

福井

 三国方面 波松では餌釣りでクロダイ。36〜45センチが揚がるなど楽しみな季節になった。マダイもそろそろ。各漁港や防波堤ではサイズはまちまちだがアジ。メバル、カサゴもいい=福井市中角町、釣日記(電)0776(55)0888

 越前海岸 中部域で、胴長30センチ前後のヤリイカが1日2〜6匹ほど釣れている。大きさや釣果にばらつきがある=鯖江市三六町、小林釣具店(電)0778(51)1452

 敦賀湾 40センチほどのクロダイが、1人2匹ほど釣れている。ガシラもぼちぼち。来週以降、水温が高くなればメバルなども釣れ始める=敦賀市五幡、きはら釣具店(電)0770(28)1915

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索