トップ > 北陸中日新聞から > 北陸釣りウィークリー > 記事

ここから本文

北陸釣りウィークリー

穴水沖メバル20匹

能登内浦

 七尾湾・灘浦 【岸】能登島周辺で15〜20センチ前後のメバルが狙える。投げ釣りで25〜30センチ前後のカレイが狙える【船】観音崎から能登島沖はスルメイカの盛期だと思うが、やや少なめで1船40〜50匹どまり。ヤリイカはほとんど見当たらない。春の狙い目であるヤナギバチメの当たりは良いがほとんど小型=七尾市小丸山大通り、フィッシングオザワ(電)0767(52)0038

 穴水周辺 【船】岩車−前波で15〜20センチのメバルが20匹、30センチ前後のクロダイが5、6匹【いかだ】30〜35センチのクロダイが4、5匹【堤防】岩車−前波で15センチ前後のカサゴが10匹=穴水町地蔵坊、釣侍穴水店(電)0768(52)2727

 九十九湾周辺 【岸】小木港の東一文字堤で、ヤリイカ12〜15匹を釣った客が2人。20〜23センチのアジが150匹ほど釣れる。小木港内では32センチのメジナが揚がった。クロダイも狙える=能登町小木、里磯釣具店(電)0768(74)1425

 珠洲海岸 【岸】先週と変わらず、寒さが厳しいため釣りに出る人がおらず情報は入ってこない。狙えば、クロダイやカレイ、メバルが釣れる時期だ=珠洲市飯田町、ふじの釣具店(電)0768(82)1585

能登外浦

 輪島周辺 【岸】餌釣りでクロダイが好調。20日は珠洲市馬緤町周辺で35〜40センチ台が10匹以上釣れている。アイナメやカレイもぽつぽつ。スズキはたよりがない【船】船が出られず、釣果はない。出られれば、七ツ島周辺でガンドやブリ、マダイなどが期待できる=輪島市町野町大川、釣政釣具店(電)0768(32)8118

 羽咋周辺 【岸】滝港から柴垣漁港にかけて20センチ前後のカサゴ、15センチ前後のメバルが釣れている。餌はアオムシかワーム。60〜70センチのスズキがルアーでぽつぽつ。西海新港で25〜35センチのカレイ、10〜20センチのメバルが狙える【船】志賀町沖で30〜40センチのマダイ、20〜30センチのカサゴ、ソイ、15〜20センチのチャバチメが釣れている=羽咋市島出町、つり具センターあさの(電)0767(22)3260

金沢・加賀

 金沢港・金石・専光寺周辺 【岸】20〜40センチのカレイが1、2匹釣れる。クロダイがぽつり。ボラも狙え、12〜18センチのハゼも釣れる【船】15〜20センチのチャバチメが釣れる=金沢市普正寺町、ファミリーフィッシングポパイ(電)076(268)0010

 松任・美川周辺 【川】釣り情報は入っていない【岸】石立、松任両海岸で40センチ程度のクロダイが狙える【船】天候が悪く船が出られない=白山市水澄町、リバ・シー(電)076(277)8080

 小松周辺 【岸】安宅、浜佐美、根上一帯の海岸の消波ブロック周辺では多少の波気があるとき型の良いクロダイがぽつりぽつりと釣れている。その他では梯川河口内で小型のカレイが狙える程度=小松市下牧町、みちがみ釣具店(電)0761(21)5367

 加賀周辺 【岸】橋立港周辺ではクロダイが時々釣れている。なぎのときには消波ブロック周りで根魚が狙える。新堀川河口堤防や周辺の海岸では条件の良い日にクロダイが狙える。ルアー釣りでサゴシも少し期待できる【船】波が荒く船の出られる日はあまりないが、なぎになればハチメがシーズンなので期待できる=前記同

富山

 富山市周辺 【岸】餌釣りで胴長20〜30センチのヤリイカが多い人で10匹以上、ルアー釣りで平均60センチのシーバス(スズキ)が釣れるときで5匹【海】サバやアジを使ったタテ釣りでブリ。10キロ超はよくて1匹、10キロ未満はぽつぽつ。ヤリイカ、スルメイカも釣れる=富山市掛尾町、FISHERS富山店(電)076(461)6901

 黒部石田・経田 【陸】カレイ2、3匹。何に追われてきたのかなどは不明だが、20〜25センチぐらいの中アジが10〜20匹ぐらい釣れている【船】石田沖から黒部川河口沖では、サバ、アジが10〜20匹、コウイカ4、5匹。ヤリイカ、スルメイカは5〜10匹=黒部市石田、ヤマダ釣具店(電)0765(52)2704

 新湊周辺 【岸】30〜45センチのクロダイが消波ブロック周辺で狙え、フカセ釣りなどで小型のメジナが交ざりながら4〜5匹の釣果。新湊漁港や海王丸パーク周辺ではサビキ釣りで小アジが揚がり、夕方は中アジもかかる。釣った小アジを餌にヒラメやキジハタ、カレイが狙える。フクラギは数が減った一方、堀岡側の東堤防ではヤリイカが釣れ始めた【沖】庄川の河口沖でタチウオが日によって数匹、そのほかアジやタイなどを五目釣りで。フクラギは船からも釣れていない=射水市中央町、モリナガ釣具店(電)0766(82)3280

 氷見周辺 【岸】氷見漁港から灘浦海岸の堤防付近で、手のひら大〜50センチのクロダイが2〜5匹、手のひら大〜35センチのカレイが2〜5匹、消波ブロック周辺を穴釣りで15〜30センチのアイナメ、カサゴ、ソイが計5〜10匹【船】胴長35センチ前後のスルメイカが20〜60匹=氷見市北大町、くぼつり具センター(電)0766(72)1162

福井

 三国方面 風や波が強くて釣りにならない日が続き、数は多くないが、防波堤や漁港内では12センチ前後のアジ。クロダイも越前海岸や防波堤で35〜40センチ。メバルやアイナメのほか、天候次第だが砂浜からカレイ狙いも。2月1日のサクラマス解禁も待ち遠しい=坂井市三国町池見、フィッシングまさだ(電)0776(82)2712

 越前海岸 中部域で、胴長25〜35センチのヤリイカが多い日で6匹ほど釣れている。場所によっては小アジがぽつぽつ釣れている=鯖江市三六町2、小林釣具店(電)0778(51)1452

 敦賀湾 20日はイルカの姿が確認され、魚が釣れなかった。この先も続く可能性がある。夜間や漁港の水草が生えているところで、メバルが4、5匹ほど釣れる。今からシーズンに入りそう=敦賀市五幡、きはら釣具店(電)0770(28)1915

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索