トップ > 北陸中日新聞から > 北陸釣りウィークリー > 記事

ここから本文

北陸釣りウィークリー

穴水周辺メバル20匹

能登内浦

 七尾湾・灘浦 【岸】能登島周辺で15センチ前後のメバルがワームで狙える。浮き釣りで30センチ前後のクロダイが狙える【船】観音崎から能登島沖の深場ではヤリイカが始まるはずだが、試し釣りでは期待外れ。小型が少し当たる程度。潮が動いてやや気温が上がれば増えるはず。メダイは少ないが、当たれば3〜10キロの良型=七尾市小丸山大通り、フィッシングオザワ(電)0767(52)0038

 穴水周辺 【船】岩車で15センチ前後のメバルが20匹、鹿波−前波で25〜30センチのアジが20匹、30センチ前後のマダイが4、5匹【いかだ】20センチ前後のアジが25匹、15〜20センチのカワハギが10匹、25〜30センチのクロダイが5、6匹=穴水町地蔵坊、釣侍穴水店(電)0768(52)2727

 九十九湾周辺 【岸】好調なのはメジナとアジ。メジナは30センチ超が交じり、アジは25センチ前後。ヤリイカも狙えるが小さめ。マダイ、ガンド、クロダイも揚がっている=能登町小木、里磯釣具店(電)0768(74)1425

 珠洲海岸 【岸】荒天が続き釣り人は少ない。飯田や蛸島では粘ればクロダイやアジが釣れるかもしれない=珠洲市飯田町、ふじの釣具店(電)0768(82)1585

能登外浦

 輪島周辺 【岸】天気次第だが、60〜70センチのスズキが狙える。ガンドやヒラメ、クロダイも楽しめる。堤防沿いでは、アジやカレイの釣果もある【船】船が出られれば、マダイが好調。ヒラマサやガンド、キジハタ、カサゴ、サワラもぽつぽつ=輪島市町野町大川、釣政釣具店(電)0768(32)8118

 羽咋周辺 【岸】滝港から柴垣漁港で25〜40センチのクロダイがオキアミかユムシで1、2匹、20センチ前後のカサゴがアオムシかワームで2、3匹、50〜70センチのセイゴ、スズキがルアーかユムシで1、2匹、西海新港で25〜40センチのカレイがアオムシで1、2匹、10〜20センチのメバルがアオムシかワームで5、6匹、羽咋川で50〜70センチのセイゴ、スズキが釣れている【船】羽咋沖から志賀町沖で70〜80センチのブリ、60〜70センチのガンド、40〜50センチのフクラギ、20〜30センチのカサゴ、ソイ、15〜25センチのアジが釣れている=羽咋市島出町、つり具センターあさの(電)0767(22)3260

金沢・加賀

 金沢港・金石・専光寺周辺 【岸】12〜18センチのハゼが10〜40匹、10センチ以下の小アジが10〜50匹釣れる。20〜40センチのカレイがぽつりぽつり【船】15〜20センチのチャバチメが10〜20匹、フクラギ、ガンドがぽつぽつ釣れる=金沢市普正寺町、ファミリーフィッシングポパイ(電)076(268)0010

 松任・美川周辺 【川】手取川河口で餌でハゼ、ルアーでシーバス、サビキでアジが狙える【岸】消波ブロック周りでクロダイが釣れる=白山市水澄町、リバ・シー(電)076(277)8080

 小松周辺 【岸】安宅河口周辺では少し波気のある日に型の良いクロダイがぽつぽつ釣れている。波の収まった日はサビキ釣りで小アジが釣れているが、日や時間によって釣果にむらがある。草野、浜佐美、根上一帯の海岸の消波ブロック周りではクロダイが時々釣れている=小松市下牧町、みちがみ釣具店(電)0761(21)5367

 加賀周辺 【岸】塩屋河口周辺ではルアー釣りでスズキがよく釣れている。新堀川や橋立周辺でもスズキを狙える。各河口周辺では条件が良ければサビキ釣りでアジも狙える。伊切海岸などではルアーでサゴシも狙える【船】小松沖などでは船が出られればフクラギ、ガンドなどが狙えるが、なかなか波が収まらずほとんど出られていない=前記同

富山

 富山市周辺 【岸】アオリイカが終盤となり、ヤリイカが釣れ始めている。20センチ後半のものがうまくいけば4、5匹。ルアー釣りで10センチ程度のアジやメバルが20匹の釣果【海】富山湾での船釣りではタチウオが引き続き好調=富山市掛尾町、FISHERS富山店(電)076(461)6901

 黒部石田・経田 【陸】小アジが5〜10匹、メジナ、キジハタが2、3匹【船】石田沖から黒部川河口沖では、サバ、アジが10〜20匹、ガンドが2、3匹=黒部市石田、ヤマダ釣具店(電)0765(52)2704

 新湊周辺 【岸】新湊漁港ではサビキ釣りで小アジが安定して揚がっている。消波ブロック周りや堤防ではクロダイがメジナ交ざりで釣れるほか、キジハタがワーム釣りで揚がる。アオリイカもまだ狙えそう【沖】庄川の河口近くでタチウオが小型ながら数匹を期待できる=射水市中央町、モリナガ釣具店(電)0766(82)3280

 氷見周辺 【岸】氷見漁港から灘浦海岸の堤防付近で、手のひら大〜45センチのクロダイが2〜5匹、手のひら大〜30センチのカレイが2〜5匹、消波ブロック周辺を穴釣りで15〜30センチのアイナメ、カサゴ、キジハタが計5〜15匹【船】35センチ前後のフクラギ10〜30匹。35センチ前後のサバ10〜30匹。タイラバ釣りで75センチのマダイの大物。マダイ、チダイ、カサゴ、キジハタ、アマダイが計5〜15匹=氷見市北大町、くぼつり具センター(電)0766(72)1162

福井

 三国方面 九頭竜川河口や各漁港で10〜20センチのアジ。スズキは九頭竜川では終わりの時季だが、河口や磯はまずまず。サイズは60〜80センチ。グレは30〜40センチ。クロダイは福井新港内や磯で40〜50センチがぽつぽつ=坂井市三国町池見、フィッシングまさだ(電)0776(82)2712

 越前海岸 中部域で、30センチ前後のグレが釣れている。15センチほどのアジは朝夕が狙い目。70センチ前後のマダイはぽつぽつ=鯖江市三六町2、小林釣具店(電)0778(51)1452

 敦賀湾 海がしけた日が続き、釣り客は少ない。よく釣れる人で、25〜28センチのグレが7、8匹、35センチほどのクロダイが2、3匹釣れる=敦賀市五幡、きはら釣具店(電)0770(28)1915

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索