トップ > 北陸中日新聞から > 北陸釣りウィークリー > 記事

ここから本文

北陸釣りウィークリー

九十九湾サバ好調

能登内浦

 七尾湾・灘浦 【岸】能登島周辺で15〜20センチのメバルと20センチ前後のタケノコメバルが釣れる【船】能登島から観音崎沖で数週間、目立った釣果が聞かれない。ジグでたまにガンドが1、2匹。深場では、20匹のメギスと小型のスルメイカが見られる程度。そろそろ浅瀬のマダイを狙いたい=七尾市小丸山大通り、フィッシングオザワ(電)0767(52)0038

 穴水周辺 【船】穴水−前波で20センチ前後のメバルが30〜50匹【いかだ】25〜30センチのクロダイが5、6匹、25〜30センチのカレイが2、3匹【堤防】全域で15センチ前後のメバルが10〜20匹、25センチ前後のカレイが3、4匹=穴水町地蔵坊、釣侍穴水店(電)0768(52)2727

 九十九湾周辺 【岸】小木港の東一文字堤でサバが好調。サイズは40センチ前後で、60匹釣った客も。30センチ超のアジも数匹交じるが、18〜25センチが中心。九十九湾では43センチを筆頭に、35センチ前後のクロダイが揚がっている=能登町小木、里磯釣具店(電)0768(74)1425

 珠洲海岸 【岸】飯田や蛸島で40センチ級のクロダイがぽつぽつ釣れているが、最盛期はもう少し先になりそう。このほか、メバルやカレイが狙える=珠洲市飯田町、ふじの釣具店(電)0768(82)1585

能登外浦

 輪島周辺 【岸】各地で20センチ前後のメバルとカサゴが5、6匹。30〜40センチのクロダイが少々。町野川で50センチ前後のサクラマスがぽつぽつ【船】舳倉島沖でガンド、カサゴ、ブリ、ヤナギバチメ、サバ、アジの釣果がある=輪島市町野町大川、釣政釣具店(電)0768(32)8118

 羽咋周辺 【岸】滝港から柴垣漁港で20センチ前後のカサゴ、アイナメ、10〜18センチのメバル、西海新港では20〜35センチのカレイ、10〜20センチのメバルが狙える【船】羽咋沖から志賀町沖で50〜60センチのガンドがジグで2、3匹。サビキでチャバチメが40〜50匹、ジグか生きアジでカサゴ、ソイが5〜10匹、サビキでマダイ、チダイが10〜15匹釣れている=羽咋市島出町、つり具センターあさの(電)0767(22)3260

金沢・加賀

 金沢港・金石・専光寺周辺 【岸】犀川河口・金沢港でヌマガレイがぽつり。波が静かで消波ブロックに渡れた日は、10〜20センチのアイナメが20匹狙える。稚アユはぽつぽつ。セイゴ、スズキがそろそろ狙い目【船】15〜20センチのチャバチメが多い時で10匹前後釣れる=金沢市普正寺町、ファミリーフィッシングポパイ(電)076(268)0010

 松任・美川周辺 【川】手取川でサクラマスが狙える【岸】松任海岸の消波ブロック周りで50〜60センチのセイゴがルアー釣りで2、3匹、穴釣りでメバル、アイナメが釣れる【船】フクラギがぽつぽつ=白山市水澄町、リバ・シー(電)076(277)8080

 小松周辺 【岸】梯川河口周辺では、ルアー釣りでスズキがぽつぽつと釣れだしている。河口内では小型のカレイも狙える。浜佐美、安宅新、根上一帯の海岸の消波ブロック周りではクロダイが狙える=小松市下牧町、みちがみ釣具店(電)0761(21)5367

 加賀周辺 【岸】大聖寺川河口周辺や新堀川河口周辺では、ルアー釣りでスズキが狙える。両河口堤防では、クロダイも釣れだしている。新堀川河口堤防や伊切海岸では、ルアー釣りでサゴシが時々釣れている。橋立港周辺では、クロダイのほか、消波ブロック帯で根魚も狙える【船】塩屋沖で、ジギングで6〜8キロのブリが釣れていた。小松沖では、アジが時々釣れているが、日によって釣果に差がある=前記同

富山

 富山市周辺 【岸】岩瀬の漁港の灯台付近ではアジが良い。午前2時半から約2時間で、20センチほどのアジが70匹の釣果。浜黒崎の海岸線では、35センチほどのヒラメが狙える。水橋のフィッシャリーナでは、キスがぽつぽつ【川】井田川では、イワナとヤマメが狙える=富山市西長江、かみや釣具店(電)076(421)3579

 黒部石田・経田 【陸】石田釣り桟橋と経田漁港周辺では、カレイとクロダイが2、3匹【船】石田沖から黒部川河口沖では、アジ、サバ、ヤリイカが10〜20匹、ニギスが20〜30匹=黒部市石田、ヤマダ釣具店(電)0765(52)2704

 新湊周辺 【岸】30〜40センチのクロダイが消波ブロック周辺で数は少ないが狙える。越の潟などでは朝方、時間が合えば中アジや中サバが期待できる。小魚やサワラはイルカの影響でほとんど釣れていない【沖】アジなどが釣れるが、全体的に不調=射水市中央町、モリナガ釣具店(電)0766(82)3280

 氷見周辺 【岸】氷見漁港から灘浦海岸の堤防付近で、手のひら大〜55センチのクロダイが2〜4匹、手のひら大〜35センチのカレイが2〜6匹、消波ブロック周辺を穴釣りで15〜30センチのアイナメ、カサゴ、ソイが5〜15匹、夕方から早朝にかけて15〜25センチのメバルが5〜15匹【船】氷見沖でスルメイカが10〜40匹、大泊沖でヤナギバチメが10〜30匹=氷見市北大町、くぼつり具センター(電)0766(72)1162

福井

 三国方面 防波堤でアジ。岩場ではクロダイ、30センチ級のアイナメも釣れている。鷹巣でもクロダイ、カサゴ、アジ、メバル。アジは20センチ前後、クロダイは34〜40センチ超級で48センチサイズも揚がっている。子持ちでこれからも大きくなっていく。九頭竜川では60センチ級のサクラマスも=福井市中角町、釣日記(電)0776(55)0888

 越前海岸 クロダイが全域で釣れている。体長は30〜50センチほど。メバルは、越前町の玉川など海岸中部でぽつぽつ釣れている=鯖江市三六町2、小林釣具店(電)0778(51)1452

 小浜湾一帯 小浜新港のアジ釣りが引き続き好調。17日夜は25センチ級が10匹余り釣れた。場所は食文化館付近。7〜8号のサビキが最適。アミエビを餌にするが、針にオキアミを付けると一層良くなるという。時間帯は夕方から深夜にかけて=小浜市広峰、マーメイドつり具店(電)0770(53)2726

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索