トップ > 北陸中日新聞から > イベント情報(石川・富山) > 詳細

ここから本文

イベント情報(石川・富山)

「彼女」に会えた 江口寿史さん作品展 21美で開幕

江口寿史さんのイラストレーション展「彼女」が開幕し、ファンらでにぎわう会場=28日、金沢21世紀美術館で(戸田泰雅撮影)

写真

 漫画家江口寿史さんのイラストレーション展「彼女」(北陸中日新聞、石川テレビ放送主催)が二十八日、金沢市の金沢21世紀美術館市民ギャラリーBで開幕した。五月二十七日まで。

 代表作「すすめ!!パイレーツ」の原画、雑誌の表紙絵、習作など二百八十一点が並ぶ。銃を構えた女性、黒髪の女性の顔のアップなど、力強いまなざしで見つめる「彼女」たちに来場者はくぎ付けになっていた。

 初日は江口さんが訪れ、ファンと交流する場面も。江口さんは「『彼女』はあらゆる女性を指す言葉。見る人が思い浮かべるそれぞれの『彼女』に思いをはせて」と話した。会場内の全作品は写真撮影できる。

 長年のファンの石川県白山市の会社員長森泰平さん(53)は「ちょっとしたしぐさを捉え、きれいな女性を描いているのが魅力。金沢でこれだけの数の作品を見られるなんて」と喜んだ。二十九日は午前十一時〜午後五時半に、江口さんが会場で女性モデル二十人を描く。自由に観覧できる。会期中無休。観覧料は大人九百円、高校・大学生七百円、小中学生五百円、未就学児無料。 (堀井聡子)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索