トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > 北経随想|アジア随想 > 記事

ここから本文

北経随想|アジア随想

生産拡大に挑む 竹山武志

写真

 石川県内有数の米どころ、白山市松任地域は基盤を支えてきた兼業農家が生産コスト削減と省力化の実現による農業経営の安定化を図るため、複数農家共同による集落営農、個別農家の規模拡大による法人化などを通じ、地域農業発展に貢献してきました。しかしコメ消費減少やコメ余りなどが進んだことで、近年は米価が大幅に下落し、多くの農家は今後農業だけで生計を立てるのが厳しい状況となっています。

 日本の農業が直面する最大の課題は農業所得低迷と後継者不足ですが、コメを経営の柱とする農家にとって、高い関税率が象徴するように内外価格差は大きく、農業所得の確保や増加は容易ではありません。環太平洋連携協定(TPP)により「聖域」が守られなければ「食の安全が守られない」「農地の荒廃が増える」などの悪影響は避けられず、地域農業は壊滅的な打撃を受けることになります。

 こうした状況下、JAが農業者の所得向上に向け、農産物の有利販売などを最重点にした事業運営をすることを軸とした「改正農協法」が本年度施行されたことを受け、JA松任は「産地づくりによる農業生産の拡大」に向けた挑戦をします。具体的には大麦、大豆や、園芸作物であるトマト、白ネギなどの生産振興、米の直播(ちょくはん)など新技術導入、農業分野への情報通信技術の活用などによる生産コスト低減、省力化などの農家の所得増大への取り組みです。

 「保育所・小学校における食育」「親子向けの農業体験」「野菜作り相談」などにも積極的に取り組みます。農業、JAを取り巻く環境は日々変化しますが、課題を的確に捉え、組合員、地域住民サービスを強化し、地域に根差し、愛されるJAを目指します。

  (JA松任代表理事組合長)

 たけやま・たけし 1969年、石川県立松任農業高校(現翠星高校)卒業。会社勤務後、専業農家に。92年、JA松任青壮年部委員長、97年JA松任理事、98年同代表理事専務就任。2010年から現職。63歳。石川県白山市村井新町。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索