トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > 挑戦 北陸財界ものがたり > 記事

ここから本文

挑戦 北陸財界ものがたり

北陸電力(2) 発電所失い電力不足

写真

 「たこ揚げをやられたのではかなわない」。北陸電力の社員は嘆いた。送電線をたこ揚げの糸に例え、北陸にある発電所でつくった電気を大消費地を区域とする電力会社に持ち去られる状況を皮肉った。

 一九五一(昭和二十六)年五月一日、全国で九つの電力会社が発足した。しかし、山田昌作が初代社長に就任した北陸電力はスタートから不利な立場に置かれた。政府の電気事業再編成により、北陸にある多くの発電所が関西電力に属することになったからだ。山田昌作伝で著者の河野幸之助は北陸電力の苦衷を「たこ揚げ」の言葉に示している。

 北陸三県にあった発電所のうち黒部川、庄川、九頭竜川などにあった十四カ所が関西電力に帰属し、出力の合計は五十九万キロワットを超えた。北陸電力に属したのは一部が帰属変更で戻った後でも水力、火力合わせて四十万キロワットにすぎなかった。

 河野は「(関西電力に属した)これらの発電所は大容量で発電コストも低かった。関西電力は大変な利益を得た。反対に北陸電力は貧乏くじを引かされたのだ」と指摘する。

 戦後の復興期に加え朝鮮戦争が始まる。電力需要は増える一方だった。加えて北陸電力が発足した昭和二十六年の夏は記録的な渇水に見舞われ水力発電所は機能が低下。深刻な電源不足により電力の使用を制限せざるを得なかった。

 富山地方鉄道の創立者で衆院議員も務めた佐伯宗義は電源の帰属方式を批判。著書「水力と電力」で「電源の宝庫といわれる東北と北陸に電力不足という奇現象が発生し、東京電力、関西電力から高い料金で電力の融通を受けねばならないという電力生産地帯にあるまじき事態が現出している」と憤りをあらわにした。

 この逆境が山田を本格的な電源開発に突き進ませる。 (敬称略)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索