トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > 新作前線 > 記事

ここから本文

新作前線

宝達葛使った水ようかん

写真

 老舗和菓子店の森八(金沢市)は、能登地方の「宝達葛(ほうだつくず)」を使った新商品「切水羊羹(きりみずようかん)」=写真=を発売した。従来の水ようかんよりもやわらかくなめらかな口どけに仕上げた。

 味はアズキの「家伝の黒」と「加賀棒茶」、「宇治抹茶」の3種。水ようかんは近年、やわらかな食感が人気といい、葛ならではの弾力となめらかなのどごしを楽しめる。

 税込み216円。6、12、18個入りがある。9月上旬まで森八本店と直営店で販売する。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索