トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > 新作前線 > 記事

ここから本文

新作前線

新型タッチパネル

写真

 モニター製造のEIZO(エイゾー、石川県白山市)は10月にかけて、タッチパネルの液晶モニターの2機種=写真=を発売する。オープン価格。

 いずれも産業用モニターの「DuraVision(デュラビジョン)」シリーズ。病院の受け付けや公共施設などで用いられていた現行製品の機能を強化した後継機種となる。画面の大きさは、9月14日発売の「FDS1782T」が17型、10月30日発売の「FDF2382WT」は23型ワイド。

 画面に文字や図表を書き込める電子ペンへの対応を従来製品より強化。細いペン先の製品でも使えるようになったため、病院での診断結果やオフィスでの会議の議事といった細やかな記入が必要となる現場にも適している。指やペン先以外の接触面でのタッチ動作を無効にする「パームリジェクション機能」を搭載している。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索