トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > 北陸経済ニュース > 記事

ここから本文

北陸経済ニュース

不動産業の役割学ぶ 金沢 講演、発表など全国会議

あいさつする原嶋和利理事長=金沢市内で

写真

 公益社団法人全日本不動産協会が主催する全国不動産会議の石川県大会が八日、金沢市内であり、全国から千五百人が参加した。石川での開催は初めて。

 原嶋和利理事長はあいさつで「人口減少や少子高齢化で不動産を取り巻く環境は大きく変化している。協会の発展のため学びの一日になれば」と述べた。田井仁・石川県本部長が歓迎のあいさつを述べた。

 前金沢市長で県中小企業団体中央会の山出保会長が「伝統と文化のまちづくり」と題して記念講演した。山出会長は「まちづくりも文化も、守らなければならないものと、新しくつくって育てなければならないものがある」と強調。金沢の観光名所や産業を紹介した上で「人を引きつける歴史と文化は、根底を大切にして市民が理解しなければならない」と述べた。

 地域での行政と不動産業の役割についての調査研究発表や交流会があった。 (嶋村光希子)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索