トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > 北陸経済ニュース > 記事

ここから本文

北陸経済ニュース

お金や銀行の役割学ぼう 小中生向け「探検隊」 来月2日、北陸銀本店

 富山県銀行協会は8月2日、小中学生がお金や銀行の役割などを学ぶ催し「銀行探検隊」を富山市の北陸銀行本店で開く。

 開催は午前10時〜正午。小学生は「お金の役割とひみつ」「上手なお金の使い方」、中学生は「銀行の役割を知ろう」と題した話を聞く。講師は金融広報アドバイザーの大浦靖子氏と日銀の工藤治富山事務所長。本店営業部や部内の金融歴史資料館、貸金庫を見学し、紙幣の枚数を数える「札勘(さつかん)」の体験などもできる。

 対象は小学4年生から中学3年生で、小学生は保護者の同伴が必要。先着50組。申し込みの締め切りは20日。参加無料。問い合わせは北陸銀行経営管理部=電076(423)7111=へ。 (平野誠也)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索