トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > 北陸経済ニュース > 記事

ここから本文

北陸経済ニュース

伏木海陸運送 増収増益 2年ぶり 融雪剤事業が好調 6月期決算

写真

 伏木海陸運送(富山県高岡市)が十日発表した二〇一七年六月期の連結決算は、海上コンテナは減少したものの、昨年から始めた融雪剤用原塩の輸入加工事業が好調で二年ぶりの増収増益だった。

 純利益が前期比で八倍超と大幅に増えたのは、前期にあった多額の投資損失が減った反動増のため。

 事業別売上高は、主力の港運事業が原料の輸入やロシア向け自動車が増えて前期比2・4%増の八十九億五千四百万円。不動産業は富山市内の物件で賃貸収入が増えて8・5%増の五億二千百万円。繊維製品の製造業は、3・1%減の二十五億四千七百万円だった。

写真

 決算期が第百期なのを記念して五円を配当。株式併合を経て年間配当を三十五円にした。

 一八年六月期は増収ながら営業利益と純利益は減少を見込む。川西邦夫社長=写真=は「今後は人件費が増え、軽油などの経費も上昇傾向で予断は許されない。気を引き締めていきたい」と述べた。 (嶋村光希子)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索