トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > 北陸経済ニュース > 記事

ここから本文

北陸経済ニュース

女性、高齢者の就業率 全国一 北陸は活躍「先進地域」

日銀レポート 雇用拡充など課題に

 日銀金沢支店は十日、北陸三県の女性と高齢者の活躍推進に向けた取り組み状況をまとめた「ほくりくのさくらレポート」を公表した。支店は「女性や高齢者が活躍する先進地域」とし、さらなる取り組みの強化を期待した。(石井真暁)

 各省庁の関連資料をまとめた。例えば、二〇一五年の国勢調査で北陸の就業率が女性は51・6%、高齢者は24・9%と、いずれも全国九地区の中でトップだったことに、三世代同居比率や保育所の充実度が高く「恵まれた子育て環境が整っている」と指摘した。国勢調査での家庭の役割分担意識では「自分の家庭の理想は『夫が外で働き、妻が家を守る』こと」との回答割合が一五年に富山で全国最低。福井、石川でも低かった。これについては「女性の就業に前向きな気質」だとした。

 このほか、女性の活躍推進策では社内託児所や個人の事情に応じた柔軟な運用例などがあり、従来は「男社会」といわれた製造業でも女性の活躍が進んでいると説明。高齢者については高齢の嘱託職員による長期の海外出張例もあり、中核戦力として活躍するケースが見られた。高年齢層の賃上げや資格手当の支給が進むなど処遇改善策にも取り組まれていた。

 今後の課題は、偏りがちな女性の雇用のミスマッチの解消や、高齢者のモチベーションを維持しながらの雇用機会拡充を挙げた。

 女性管理職の割合の低さも指摘し「北陸は共働き世帯が多く、世帯収入も高いため、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)を崩してまで管理職に臨む女性が多くない」との見方を示した。 

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索