トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > 狙いを聞く > 記事

ここから本文

狙いを聞く

社の魅力伝え抜いて 北陸人材ネット 山本均社長

写真

学生優位どう採用活動

 来春卒業予定の大学生らへの企業の採用面接が一日、解禁された。深刻な人手不足を背景に、今年も学生優位の「売り手市場」。働き方改革も進む中、企業はどのようにして優秀な人材を確保すればいいのか。金沢大の就職支援室長も務め、学生と接する機会の多い、人材紹介業の北陸人材ネット(金沢市)の山本均社長は「自社の情報をきちんと発信して、納得した上で入社を決めてもらうのが重要」と強調する。 (嶋村光希子)

 −北陸地方の就職活動の現状は。

 北陸での就活は既に終盤。大手は一日からだが、経団連に加盟していない中小企業は事実上の内定を出しているところも多い。中小の内定を複数持っていても、大手からの内定を求めてさらに就職活動を続ける学生は少なくない。たくさんの内定を持っていて、そこからどこに行くか選ぶ学生もいる。地元志向の強い学生が多いのも特徴だ。

 −北陸の企業の人手不足感は。

 企業では、採用活動がうまくいっている会社とそうでない会社に二極化している。人材を確保できている会社の共通点として、早期から学生との接点を持っていたところがうまくいっている印象だ。

 売り手市場と聞いてのんびりする学生に対し、企業は早く内定を出して前のめりになりがち。学生が戸惑う様子も見受けられる。

 −学生の売り手市場の弊害は。

 学生が企業研究を十分にせずに、知名度のある企業を受けて簡単に内定を得てしまうと、入社してすぐに辞めてしまうケースも考えられる。就活をする中で何度も失敗しても、自分の価値観を明確にして、仕事を選ぶ意識が必要だ。

 −就職活動で北陸の企業に求められることとは。

 北陸でも少しずつ増えてきているが、インターンシップ(就業体験)の機会を増やしてほしい。学生、企業ともに得るものは多い。学生は挑戦の機会を得られ、ロールモデルとなる大人と出会える。企業は、学生を育てるという意識を強く持ってほしい。ひいては会社のファンを増やすことにもつながり、広い意味で会社の魅力発信にもなる。

 −内定辞退に悩まされる社も多いと聞くが、どのように人材を確保すればいいのか。

 仕事内容や働きやすさなど自社の魅力を具体化して、理解してもらうことが大切。より多くの情報を発信した上で、学生が十分納得をして入社してもらえば、採用のミスマッチも防げるだろう。

 やまもと・ひとし 1962年生まれ。金沢大法学部を卒業後、87年にモニター製造のEIZO(石川県白山市)に入社。その後、パソコン周辺機器メーカーのアイ・オー・データ機器(金沢市)、情報通信機器メーカーの沖電気工業(東京)での勤務を経て、北陸人材ネットを立ち上げる。趣味はスキー。座右の銘は「人生は楽しく」。金沢市出身。54歳。

会社メモ

 2007年に設立。人材紹介や転職・就職コンサルティングのほか、企業の人材育成支援業務などを手がける。資本金1200万円。従業員は5人。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索