トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい

ここから本文

北陸けいざい

写真

 北陸鉄道(金沢市)と、同社グループで情報システムを手掛けるホクリクコム(同市)は共同で「スマートバス停」の実証実験を金沢市内で始めた。IoT(モノのインターネット)技術を活用し、太陽光発電で液晶モニターを稼働させて時刻表や路線図を表示する。(2月16日) 記事全文へ

[写真]

実証実験をしているスマートバス停(右)=金沢市内で

 
写真

 機械部品製造の石金(いしがね)精機(富山市)が初の海外生産拠点を昨年四月にベトナムに設立した。正社員や技能実習生として本社で数年間働いたベトナム人を中心に新会社「IPT Vietnam(ベトナム)」を発足させた。(1月29日) 記事全文へ

 

 石川県七尾市の七尾商工会議所など四者でつくる「ななお創業応援カルテット」が五年間で支援した創業実績の七十六件のうち、県外からのU・Iターンは十三件。大林重治会頭は「ことのほか多い」と手応えを感じている。(2月13日) 記事全文へ

 
写真

 「単に形を整えるのではなく、(社外取締役を置く)意義を考えることが重要だ」と語るのは日本証券業協会の鈴木茂晴会長。大企業に社外取締役の設置を義務付ける会社法制見直しの方向性が固まり、形式主義に陥りがちな企業行動に異議を唱える。(2月15日) 記事全文へ

 
写真

 食品製造販売のフレッグ食品工業(福井県永平寺町)は、小麦アレルギーの人でも安心して食べられるようにと、同県越前町産の玄米を使ったパスタ用米粉=写真=の販売を始めた。 小麦粉の代わりに玄米粉を使い、つなぎにはとろろや卵白を使用。(12月11日) 記事全文へ

 

過去の連載

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索