トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > さろん > 記事

ここから本文

さろん

ライバル企業とタッグ 吉野家ホールディングス 河村泰貴社長

写真

 「消耗戦をいつまでもやっていても仕方ない」と語るのは、牛丼チェーンを展開する吉野家ホールディングスの河村泰貴社長。外食各社は出店や値下げでしのぎを削ってきたが、最近はコンビニ弁当や総菜など「中食(なかしょく)」の台頭も著しい。体力をすり減らすだけの消耗戦は限界とみて、ライバル企業と手を組む異例の連携に。具体策がファミリーレストラン「ガスト」などと発行する共通の割引券。吉野家は1人の顧客が多いが「ファミリー層にも牛丼を食べてもらいたい」と客層拡大に期待している。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索