トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > さろん > 記事

ここから本文

さろん

「働き方」トップが方針 富士通 松本国一エバンジェリスト

写真

 「業務と介護を両立できる仕組みをつくらなければ、介護離職者が増え、日本から労働者が消えてしまう」と警鐘を鳴らしたのは、富士通(東京)で働き方改革を主導している松本国一エバンジェリスト。金沢市内で開かれたビジネスフォーラムで基調講演し、人口減少社会を見据えて訴えた。自社での実践例を踏まえ、「ICT技術だけで働き方改革は実行できない。社内の理想の働き方を見えるように共有して、トップが方針を伝えていくことが重要だ」と呼び掛けた。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索