トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > さろん > 記事

ここから本文

さろん

シェア10%にこだわる 日本自動車輸入組合 上野金太郎理事長

写真

 「国産車と輸入車の(間にある)見えないハードルをどう乗り越えていくかが課題だ」と話すのは、メルセデス・ベンツ日本社長でもある日本自動車輸入組合(東京)の上野金太郎理事長。輸入車販売は好調だが、軽自動車を除いた国内市場シェアで年間10%の壁をなかなか越えられない。上野氏は「昔の輸入車には壊れやすいイメージがあったが、今はそんなことはない」とアピール。日本市場は大手国内メーカー8社がひしめく激戦区だが「シェア10%にはこだわりたい」と意欲を見せる。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索