トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > さろん > 記事

ここから本文

さろん

強みのある商品を強化 三協立山 山下清胤社長

写真

 「建材事業は特に価格面での競争が激しい」と語るのは、2018年5月期の連結決算で9年ぶりの最終赤字となった三協立山(富山県高岡市)の山下清胤(きよつぐ)社長。競合2社も利益面は芳しくないが、物量が自社の2〜3倍あるために、価格競争では相手にどうしても利があるという。対策としては最も競合が厳しい窓などの住宅商品よりも、強みのあるカーポートなどのエクステリア商品の販売強化だ。「資源のシフトが重要。エクステリアへの人員配置に重きを置くことも考えている」

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索