トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > コラム 記者@ > 記事

ここから本文

コラム記者@

ミスター新幹線

 北陸新幹線の建設に尽力し、「ミスター新幹線」と呼ばれた人は何人かいる。経済界では北陸経済連合会会長を務めた故・原谷敬吾氏、政界では六月に死去した前富山県知事の中沖豊氏が知られている。富山県政を担当していた当時、政府与党への陳情を取材した際、興奮して顔がだんだん赤くなり、怒った表情に変わる中沖氏の姿を今も覚えている。

 「税金の無駄遣い」などと批判されながら、あの一生懸命さ、必死さを支えたのは何か。知事だからと言えばそれまでだが、「裏日本」と蔑視的に言われ続けた富山県、北陸を何とか発展させたい、太平洋側との格差を絶対縮めなければという強い思いではないか。「ミスター新幹線」と呼ばれたのはあの迫力と使命感があったからだろう。 (坂本正範)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索