トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > コラム 記者@ > 記事

ここから本文

コラム記者@

金沢駅

 「JR担当なのか。いいなぁ」

 鉄道友の会北陸支部長でいわゆる“撮り鉄”の西脇恵さん(78)。一日に迎えた金沢駅開業百二十周年にちなみ、これまで撮りためた駅舎や列車の写真を見せてもらって取材した時のことだ。私がJRを担当していると話すと、少年のような目で心底うらやましそうに声を上げた。

 「駅長室にはよう入り浸っとったもんやわ」。携帯電話もインターネットもなかった時代。新車両や出発式の情報をいち早くキャッチし、カメラを抱えて待ち構えたという。

 驚くのがその記憶力。何年にどんな車両が出たか、どんな状況で写真を撮ったかすらすらと言える。金沢駅と列車がそこにある限り、西脇さんの青春はいつまでも続くのだろう。 (嶋村光希子)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索