トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > コラム 記者@ > 記事

ここから本文

コラム記者@

プログラミング教育

 先日、金沢市内で開かれたプログラミング教室を取材した時のこと。子どもたちがコンピューターに指示を出すために打ち込む「言語」を一通り学んだ段階で、担当の講師がランプを二回点滅させるという応用問題を出した。なかなかの難問で多くの子どもが苦戦。講師は悔しそうにする子どもたちを励まそうと「小学校の先生が挑戦した時も正解した人は少数でした」と呼び掛けた。

 分からなかった私もそれを聞いてこっそりひと安心。でもよく考えてみたら、小学校でプログラミング教育が必修化するのを前に、先生自身も学ぶのに苦労しているということだ。ただでさえ忙しい教育現場。プログラミング教育自体は良いと思うが、もう少し現場の先生の負担は減らせないものか。 (織田龍穂)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索