トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > コラム 記者@ > 記事

ここから本文

コラム記者@

春闘

 「人手不足が今回の春闘を引っ張っている」。連合石川の西田満明会長は先月末の会見でこう強調した。いまも交渉中の企業は多いが、基本給を底上げするベースアップ(ベア)や、定期昇給分と合わせた賃上げの妥結状況はいずれも先月末現在で前年を上回った。人手不足が深刻化する中、経営者には賃金の改善で人材確保を図る思惑が強いという。

 ただ、人手が減っても生産性を維持、向上させようと省力化や効率化の投資を進める企業も少なくない。限られた人材を前提に業務の見直しが進めば人材確保という賃上げの動機が薄れる可能性もある。「今後、労働人口は減る一方。この問題はかなり出てくるのでは」と西田会長。目先の妥結状況だけに気を取られないようにしたい。 (平野誠也)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索