トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > コラム 記者@ > 記事

ここから本文

コラム記者@

銀のかぶと

 先日、わが家に初節句のお祝いで五月飾りが届いた。マンション住まいで床の間もないため、アクリルケース入りのコンパクトなものだが、部屋が華やかになり、息子もどこか誇らしげな顔をしている気がする。

 飾りのかぶとは直感で銀色を選んだが、人形店の店主いわく「不景気の時は銀色の飾りがはやるんですよ」。半分冗談だろうが、確かに銀色の飾りは質実剛健な雰囲気。私自身、出産後は何かと物入りで景気の高揚感は残念ながら感じていないし、深層心理が反映されたのかもと、何となく納得してしまった。

 ちなみに好景気の時の人気色は金色。ぜひ孫の世代の時には深層心理で金が選ばれるような経済状況であってほしい。飾りには当然、金沢の金箔(きんぱく)を使って…。 (織田龍穂)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索