トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > コラム 記者@ > 記事

ここから本文

コラム記者@

金融危機20年

 あまり話題にならなかったが、今年は金融危機二十年。「社員は悪くありませんから」の山一証券の自主廃業が一九九七年だった。

 北陸地域も合併など再編劇が続いた。大騒ぎになったのが金沢市に本店があった石川銀行の破綻。それは二〇〇一年十二月二十八日、仕事納めの日。預金者、融資先企業、行員にとって不安だらけの年越しだった。私を含めて取材記者も。その後、北陸銀行が北海道銀行と経営統合した〇四年が再編のピークだったか。

 危機を引き起こした不良債権問題は落ち着き、地銀や信用金庫は今、「マイナス金利」という難敵にじわじわと体力を奪われている。金融機関に勤める知人は言う。「このままではまた再編だ」。金融界は来年、どんな年を迎えるか。 (坂本正範)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索