トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > コラム 記者@ > 記事

ここから本文

コラム記者@

異常

 関西電力高浜原発3号機(福井県)が約四年ぶりに再稼働した二〇一六年一月二十九日の夜。当時の勤務先の福井支社で、取材した同僚が翌日の一部地域向け朝刊一面の刷りを見てうなった。トップを飾ったのは同僚が期待した再稼働ではなく、日銀のマイナス金利導入決定だった。

 そんなことを思い出したのは、北国銀行の安宅建樹(たてき)頭取が六日の会見でマイナス金利を「異常」とあらためて強調したからだ。金融機関の収益環境は厳しく、安宅頭取は「正常化を急いでほしい」と訴えた。

 日銀は投資や消費の刺激効果に期待するが、目標の物価上昇率2%の達成は見通せない。マイナス金利は今後も続きそうで、異例なはずのこの局面に世間が慣れてしまわないか、やや気になる。 (平野誠也)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索