トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい > コラム 記者@ > 記事

ここから本文

コラム記者@

ほほえみの国

 北陸の味として親しまれる8番らーめん。展開するハチバン(金沢市)は、接客や営業で優れた成績を収めた社員やパートタイマーらに、百二十店以上進出するタイや香港への視察旅行を贈っている。現場主義を重んじる後藤克治社長に聞くと「従業員を大切にしたいから」。8番のロゴを現地で見て、おのおの何かを感じ取ってほしいのだという。

 私も今月、旅先のタイで8番らーめんに入った。食べ盛りの子やカップルが和気あいあいと麺をすすっていた。私が選んだのは名物トムヤムクン味のラーメン。帰り際、店員の女の子に「日本から来ました。ハチバンの会社のある場所です」と言うと、手と手を合わせてにっこり。後藤社長が従業員に伝えたい思いが分かる気がした。 (嶋村光希子)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索