トップ > 北陸中日新聞から > 北陸けいざい

ここから本文

北陸けいざい

 石川県への移住者を増やそうと、県は十三日、家族や知人に「いしかわ就職・定住総合サポートセンター(ILAC)」を紹介し、移住の相談に結び付いた場合に紹介者と相談者の双方にプレゼントを贈る取り組みを始めた。(7月14日) 記事全文へ

 
写真

 富山信用金庫(富山市)は三月、元職員による顧客の預金着服で理事長が辞任したにいかわ信金(富山県魚津市)のトップに、当時常務理事だった岸和雄氏を送りこんだ。異例の人事はにいかわ側からの協力依頼というが、「将来の合併への布石か」との臆測も。(6月19日) 記事全文へ

 

 先月、能登半島の先端、石川県珠洲市を訪ねた。昨年は奥能登国際芸術祭も開かれた地。金沢から車で三時間近くかかったが、日本海の水平線や木々の緑は美しく、その土地でしか食べられない魚や海藻は絶品だった。(7月13日) 記事全文へ

 
写真

 「贈答の習慣が薄れ、冠婚葬祭のギフト需要が減っている」と話すのは、全国チェーンのギフト店「サラダ館」の石川県内11店でつくる北陸ギフトサポート協同組合(事務局・金沢市)の村波隆久代表理事。(6月29日) 記事全文へ

 
写真

 ヤギの飼育とヤギ乳の製造、販売を手がける吉田興産(富山県黒部市)は、ヤギチーズの新商品「カプリーノしょうゆ」=写真=を発売した。 ヤギチーズは、ヤギ乳と黒部の海洋深層水の塩だけを使って無添加にこだわった。(6月22日) 記事全文へ

 

過去の連載

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索