トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

気の抜けた…

 炭酸水が今、売れまくっているそうだ。人気の理由は「無糖」。糖分控えめのご時世が後押ししているらしい。前にもこの欄で触れたが特派員で赴任したロシアでは以前から飲料水は無糖炭酸水が当たり前。最初は「なんだ、この味気ないのは」と顔をしかめたが慣れると欠かせなくなる。帰国後しばらくはコンビニになく困っていたのでブームは大歓迎だ。ただ、これ、炭酸が抜けてしまうと、とたんに飲みたくなくなる。何事も気の抜けたものほど厄介なものはない。モリカケ問題の首相答弁しかりだし加計学園理事長の「無い無い尽くし」会見に至っては…。 (編集委員・中島健二)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索