トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

本来の姿に

 インドネシア・ジャカルタで繰り広げられてきたアジア競技大会はきょうで閉幕する。日本勢は競泳の池江璃花子選手など目を見張る活躍を見せた選手も多く、二年後の東京五輪への期待が膨らむ。

 一方で気がかりな競技があった。レスリング女子だ。金メダルに届かず、あの指導者を巡る騒動が影響したのかと、つい心配になった。と、今度は体操の世界でパワハラ問題が噴出。スポーツにとって致命的なブラックな印象を与える不祥事が収まらない。二年後は、純粋に選手が汗を流し声援が送れる本来の姿になっていることを祈るのみだ。 (富山支局長・松石健治)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索