トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

版元

 「保永堂」と聞いて、歌川広重と思い付けば、かなりの浮世絵ファンでは。石川県立美術館の「広重展」の会場で、かつて勤務していた地域の美術館名が目に入った。

 取材で何度も訪れ、浮世絵の基本や「広重」は一人ではないなど興味をそそる話題を教えていただいた。「保永堂」もそう。版元で、他にも仙鶴堂などの版元があり、浮世絵の出版を競っていたなど、広重展の会場で展示を見ながら思い出した。くだんの美術館は休館になって久しく、実は再開のめどはない。さて、広重展はきょうが最終日。見方はさまざまだが、一見の価値あり。 (小松支局長・浅野宮宏)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索