トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

新しい地図

 金沢で午後に一席演じた後でも東京の寄席でトリを務められる。「もうけることに忙しい」と笑いのネタになるほど落語家の掛け持ちを可能にした北陸新幹線。利用者が三千万人を超えた。東京まで日帰り、さらに東京経由で大阪、名古屋まで移動した人も多いだろう。時間をもとにした列島の地図をつくると、実際の地図と大きく異なるに違いない。立川志の輔師匠が「子どもの誕生日プレゼントに新幹線の切符代を」と言っていたのを思い出す。自分の目で東京を見てくると頭の中の地図、人生の地図も変わる、と。敦賀まで延びた後の新しい地図が楽しみだ。 (編集局長・大場司)

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索