トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

やっぱりごめんだ

 かつてのロシア勤務時、毎年四月に自殺者が増えるとの話をよく聞いた。春めく季節になぜ? モスクワの知人は即答した。「サマータイムのせいだよ」。納得。三月末に夏時間に切り替わるが最初は必ず遅刻して恥をかくし、しばらくは一時間早く起きるつらさがひどくこたえた。二〇一一年を最後にロシアが廃止したのは健康被害が理由だと聞く。こんなこともよくあった。夕方、仲間とビールを飲み始めるといつまでも明るい。ついはしゃいで飲み続けてしまう。もちろん翌日は体調を崩す…。さて日本政府はどうする。体験者としてはやはりごめんだが。 (編集委員・中島健二)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索