トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

人を支える言葉

 金沢星稜大学の篠崎尚夫(たかお)学長からいただいた本がある。「松井秀喜」(日本経済評論社)。松井秀喜さんの人としての存在を思索している。松井さんの父昌雄さんに取材した本紙記事を読んだことが、本を書くきっかけになった。記事には昌雄さんが、小学三年だった松井さんに贈った言葉が紹介されていた。「努力できることが才能である」。篠崎学長は、この言葉が頭から離れなくなり、日記をつけるように思索をつづったという。夏の高校野球で、松井さんが始球式を行った開幕試合に勝利した星稜ナイン。松井さんを支えた言葉は後輩たちにも息づいている。 (編集局長・大場司)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索