トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

節目の年

 富山県で今年、歴史的な出来事の節目が相次ぐ。ゆかりの歌人大伴家持生誕千三百年、イタイイタイ病の公害病認定五十年、東海北陸自動車道全線開通十年、そして富山から始まった民衆による米騒動から百年。大正年間の一九一八年夏、米価高騰を背景に起きた運動は全国へ広がり、時の内閣が退陣し、政党政治の誕生に至った。

 さらにもう一つ、米騒動の影響でその年の夏の甲子園大会も中止に。大会も百回を迎え、きょう開幕する。地元代表校の応援はさることながら、甲子園ともつながる富山の歴史などにも思いをはせ、温故知新の機会にしたい。 (富山支局長・松石健治)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索